編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

JR東日本グループが追求する“究極の安全”を支えるICT基盤が実現できた秘訣とは?

ヴイエムウェア株式会社(vSAN/VxRail) 2020-09-24

東日本旅客鉄道(JR東日本)はグループ経営ビジョンで、鉄道が実現すべき“究極の安全”の追求に加え、技術と情報を活用して人々の生活へ“豊かさ”を提供するという目標を掲げている。同グループのICTの開発・運用を担うJR東日本情報システムでは、時代のスピードに取り残されない効率的な情報インフラ基盤の実現に取り組んでいる。

しかし、従来のシステム基盤は旧来型の3ティア構成方式であったため、システム毎にサイジングやバックアップなどの設計と構築が必要で機器の調達にも時間がかかっていた。また、安全性の点では十分ではあったが、ユーザーが求める提供スピードには応えられていなかった。

コストを抑えつつ俊敏性・生産性の高いシステムを構築するため、ICTデザインを1から考え直した結果、従来からの安全・安定性と業務が求めるスピード感を両立するICT基盤を構築できた。以下の資料では、同社のICT基盤の再構築が成功した理由を明かす。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]