編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

侵入を防ぎ、侵入されても攻撃者の目的遂行を阻む!中堅・中小企業のためのEDR導入への手引き

株式会社ネットワールド/ヴイエムウェア株式会社 2021-01-06

2020年3月の警察庁の調べによれば、リモートデスクトップを標的としたアクセスが急増する一方、標的型メール攻撃は2019年で5300件余に上る。また巧妙化する攻撃者により、標的とする組織を直接狙わず、その取引先や工場、関連会社などを踏み台にするサプライチェーン攻撃も増えており、企業の大小問わず対策必要となってきている。

では大企業に比べIT予算も人的リソースも不足している中堅・中小企業はどのような対策を講じる必要があるのだろうか。まず既に従来の境界防御の徹底による防御策は限界がきていることを理解すべきだ。いま巧妙化するサイバー攻撃に対抗するためには、侵入を防ぐことはもちろん、万が一侵入された場合に攻撃者の目的遂行を阻止する二段構えの対策が必須となる。そこで注目されているのが、Endpoint Detection and Response(EDR)の導入だ。

本資料では、あらゆる行動を記録して分析し、詳細調査や迅速な復旧対応を支援する検知・対応機能だけでなく、独自のビッグデータ解析で、既知及び未知の脅威を検知/防御する次世代アンチウイルス機能(NGAV)など豊富なセキュリティ機能を単一のエージェントで提供する、次世代エンドポイントセキュリティ対策のスタンダード VMware Carbon Black Cloud Endpoint Standardについて機能や特長を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]