編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

中堅中小企業のウイルス対策製品リプレイスに最適! EDRのスタンダード製品

株式会社ネットワールド/ヴイエムウェア株式会社 2021-01-06

エンドポイントのサイバー攻撃対策はこれまで、ウイルス対策ソフトのパターンマッチングで、不正プログラムを検出し、侵入を防ぐという方法が主流だった。しかし、現在は、1日に数万にも上るマルウェアが生まれるほど規模が拡大し、従来のやり方が通用しなくなってきた。そこで、侵入を防いだ上で、万一侵入された場合でも、検知と対応で侵入者の目的遂行を防ぐというアプローチが登場した。それが、EDR(EndpointDetectionandResponse)だ。EDRは、社内に潜む脅威をあぶり出し、感染端末を隔離して被害を最小化、影響範囲を特定する。

本資料では、EDRのパイオニアとして、EDR市場を牽引してきた「VMware CarbonBlack Cloud Endpoint Standard」を紹介している。専任のIT担当者を置くことの困難な中堅中小企業の従来のアンチウイルス製品のリプレイスに最適だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]