編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

もう慌てない!急拡大するVDIに適応し、システムの全体最適を実現するHCI運用とは?

株式会社日立製作所 2020-11-04

昨今の世界情勢から、テレワークの必要性が認知されている。VDIなどのテレワーク基盤を導入する企業も多く、急増する利用者への対応に苦慮している例がある。迅速な展開やキャパシティの問題に対応しつつ、運用管理の負担を抑えるにはどんな策を講じるべきか。1つの選択肢として、VDIの基盤として広く活用されているHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を活用したシステムに注目しつつ、ベアメタル、3層構成、パブリッククラウドなど他のプラットフォームの併用も視野に入れる。

ただし、プラットフォームの多様化は新たなサイロ化を生むなど課題もある。システムの全体最適を実現するためには、プラットフォームにとらわれず、構成を把握し、監視する必要がある点を理解しなくてはならない。

この資料では、その解決策を日立製作所のHCI運用ノウハウの観点から解説する。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]