編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

【事例】データ量を気にせずにタイムリーなデータ分析が行える環境をOracle Cloudで実現!

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud Case Study) 2020-12-03

ビジネスで生じる様々なデータの分析や可視化にExcelと専用ツールを使っている企業は多いに違いない。しかしながらこの方法では、分析パターンや分析可能なデータ量がツールに依存して限られてしまい、新たな視点による分析が困難になってしまうことになる。加えて、データ分析担当者に負荷が集中してタイムリーな分析が行えないといった状況にも陥りがちだ。

地元北海道の企業、店舗、団体のマーケティング活動を支援するリージョナルマーケティングも、かつて同様の課題に直面していた。しかしながら同社では、「Oracle Autonomous Data Warehouse」および「Oracle Analytics Cloud」を活用したデータ分析基盤を新たに構築することで、これらの課題を解決し、マーケティングや販促活動に有効なタイムリーで質の高い分析データの提供を実現したのである。

本資料では、同社が「Oracle Cloud」を採用して新しいデータ分析基盤を導入したことにより、担当者の業務負荷が軽減され、データ量を気にすることなくタイムリーな分析処理が可能になるなど、数々の効果が得られるまでの経緯を解説している。また合わせて、ウィズコロナ時代のクラウド活用のあり方のヒントも見いだせるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]