編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

【事例】国際基督教大学は、いかにして遠隔クラウドバックアップを低コストで実現したのか

arcserve Japan合同会社/SB C&S株式会社 2021-01-28

いまやデータの保護やバックアップの重要性は誰もが理解し、ほとんどの企業では何らかの形で実践していることだろう。しかしながら遠隔地バックアップをクラウドで実現するとなると、システムの考え方がオンプレミスとは少し異なることから、いきなりバックアップサービスだけを利用してもうまくできないのでは、といった不安を抱えがちなのも事実だ。

さらに、クラウドバックアップはストレージ費用のみならずデータ転送費用といった従量課金も発生するため、いざ復旧というときにコスト面の心配も生じてくる。

学校法人 国際基督教大学でも、かつて同様の課題を抱えていた。しかし同学では、クラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」による遠隔地バックアップを実施したことで、宿願だったBCP対策を万全のものすることに成功したのである。

本資料では、国際基督教大学が以前に抱えていたバックアップの課題と、Arcserve UDP Cloud Hybrid導入により課題解決に至るまでの詳細な経緯について、担当者の生の声とともに解説している。ぜひご参考いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]