編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ホワイトペーパー

【事例】国際基督教大学は、いかにして遠隔クラウドバックアップを低コストで実現したのか

arcserve Japan合同会社/SB C&S株式会社 2021-01-28

いまやデータの保護やバックアップの重要性は誰もが理解し、ほとんどの企業では何らかの形で実践していることだろう。しかしながら遠隔地バックアップをクラウドで実現するとなると、システムの考え方がオンプレミスとは少し異なることから、いきなりバックアップサービスだけを利用してもうまくできないのでは、といった不安を抱えがちなのも事実だ。

さらに、クラウドバックアップはストレージ費用のみならずデータ転送費用といった従量課金も発生するため、いざ復旧というときにコスト面の心配も生じてくる。

学校法人 国際基督教大学でも、かつて同様の課題を抱えていた。しかし同学では、クラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」による遠隔地バックアップを実施したことで、宿願だったBCP対策を万全のものすることに成功したのである。

本資料では、国際基督教大学が以前に抱えていたバックアップの課題と、Arcserve UDP Cloud Hybrid導入により課題解決に至るまでの詳細な経緯について、担当者の生の声とともに解説している。ぜひご参考いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]