編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

誤解だらけの「EDR」─正しく理解&活用し、現場・経営層双方にメリットをもたらそう!

ヴイエムウェア株式会社(Carbon Black) 2021-02-10

近年、サイバーセキュリティーの世界では「EDR(Endpoint Detection & Response)」の必要性が叫ばれているが、その本当の役割を正しく理解されずに名称のみがひとり歩きしている感も否めないのが現実だ。

例えば、EPP(Endpoint Protection Platform)と混同して防御機能を提供するものと誤解していたり、EDRをすべての問題を解決する魔法のツールのように誤解していたり、といったケースも珍しくない。ここでEDRを端的に定義すれば、「端末からの情報収集、検知や検索を自動化し、インシデントの深刻化を防ぐためのツール」と言えるだろう。

本資料では、EDRの利用例を紹介しつつ、EDRに欠かせない「Unbiased」データを実現する唯一のEDRソリューションである「VMware Carbon Black Cloud」について詳しく解説している。EDRを導入することで、現場・経営層双方にメリットがあることが、きっとおわかりいただけるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]