編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

GIGAスクール構想で1人1台時代に求められるデバイスの一元管理、その強みと課題を徹底分析

Jamf Japan株式会社 2021-05-07

文部科学省を中心になって展開しているGIGAスクール構想では、全国の児童・生徒に対して「1人1台端末の配布」が設定されている。

こうした1人1台端末の時代において、「自宅への持ち帰り学習」「コロナ禍におけるリモート授業」「アクティブラーニング」「探究型学習の浸透」「児童・生徒自身のリテラシー」といった活用がスタンダードになっている。それに伴い、デバイス管理の面では、「大規模かつ広範囲な導入に伴う、遠隔での簡単な管理や均一な端末設定」「端末状況の可視化」「定期的な設定変更への対応」「セキュリティ対策」が求められる。上記の要件を満たすべく、同プロジェクトで導入されているiPad、そしてiPhoneやMac、Apple TVといったAppleデバイスの管理には、大規模デバイス管理ツールの「Jamf Pro」と「Jamf School」が採用されているという。

本資料では、GIGAスクール構想におけるデバイス管理ツール導入の目的や、1人1台端末の時代に想定される今後の課題についてまとめている。そして、なぜJamf製品がGIGAスクール構想で採用されたのか、上述の管理要件への対応策についても説明しており、資料を読むだけで一般の企業ユースでも役立つ端末管理の基本を学ぶことができる。MDMユーザーからのFAQも掲載されているので、専門的な用語に困ることもない。Appleデバイスの大量導入を計画している企業とっては、よき参考書となるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]