編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

CTC、SD-WANでネットワークパフォーマンスの最適化とコスト抑制を両立

ヴイエムウェア株式会社(SASE) 2021-06-04

全国の事業拠点を本社のデータセンターとつなぐネットワーク環境を運用している組織にとって、SaaSの利用拡大などに伴うWANのパフォーマンス低下と回線の増速によるコスト負担は喫緊の課題といえる。閉域網でつながれた本社のデータセンターに集約したゲートウェイ経由でインターネットにアクセスしていると、どうしてもパフォーマンスが落ちてしまい、コストをかけて回線を増幅しても芳しい結果が得られないケースも多い。

 このような事態に対応する有効な施策として最近注目されるのが、SD-WANである。この方法はインターネット上に仮想的なWANを構築することで、ネットワークパフォーマンスの最適化とコストの抑制を両立できるというメリットがある。ネットワークの構成管理やコンフィグレーションも仮想的に行えるため、複数拠点のネットワーク回線を1つに束ねて運用管理できる。こうした特性のおかげで、導入後も新しいスキルを最初から習得する必要もない。

 本資料では、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が「VMware SD-WAN by VeloCloud」を採用し、ネットワークパフォーマンスの最適化と回線増速にかかるコスト抑制を実現した事例を詳細に解説。ITプロフェッショナル企業であるCTCがなぜ「VMware SD-WAN by VeloCloud 」を採用したのかを、担当者のリアルな声を交え紹介している。ネットワークのパフォーマンス向上とコスト抑制を両立したい企業にとって大変参考になる事例資料になるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]