編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

API普及がWebアプリの新たな脅威に、最先端のアプリ開発に追従できる「次世代WAF」とは?

ファストリー株式会社 2021-11-17

この10年間で、企業がアプリケーションを構築する方法には、3つの大きな変化が起きた。マイクロサービス化や継続的デリバリー、クラウド基盤の活用である。また、ウォーターフォール型からアジャイル型へ、さらにはDevOpsの展開によって、アプリ開発のさらなる高速化が進んでいる。そうした開発スピードに遅れないように対策が求められるのが、セキュリティ領域である。

特に注意しなければならないのが、Webアプリケーションだ。近年はAPIとの連携が進んでいるため、より広範囲な脅威に対する対策強化が求められている。従来、Webアプリのセキュリティ基盤であったWebアプリケーションファイアウォール(WAF)も、現状に合わせて進化する必要がある。

以下の資料では、WebアプリだけではなくAPIを含めた包括的な保護機能を備えた次世代WAFを解説。アプリ開発の3つの大きな変化にどうやって適用しているかを詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]