ホワイトペーパー

次世代WAFの主要10機能をチェック、最先端のソフトウェアチームが支持する注目の製品

ファストリー株式会社 2022-02-15

リリースサイクルの高速化や新しい言語、クラウド基盤の採用などアプリケーション開発を取り巻く環境は発展を続ける。ソフトウェアチームは急速に拡大するWeb攻撃の対象領域を保護するため、日々格闘しなくてはならない。その中で、いま最先端のソフトウェアチームがWebアプリケーションを保護するセキュリティソリューションとして注目を集めているのが、米Fastlyのグループ企業となったSignal Sciencesが提供する次世代 WAFと RASP(Runtime Application Self Protection)である。
この資料では、Signal Sciencesで提供されている10の主要機能を説明する。あらゆるアーキテクチャに対応した柔軟なデプロイオプション、アプリケーションに悪影響を及ぼさずに保護できることなどを豊富な図表を交えて解説する。ソフトウェアの反復型開発やスピーディで安全なリリースを追求する現代の開発や運用環境において、考慮しておきたいものばかりである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]