ホワイトペーパー

他の環境に比べて100倍の速さの実現も─柔軟で安全なサーバーレスコンピューティング環境を徹底分析

ファストリー株式会社 2022-02-15

いま、開発者のみならず経営者の間でも、サーバーレスコンピューティングへの注目度が高まっている。現在におけるグローバル企業のサーバーレスコンピューティング環境の採用率は20%ほどだが、Gartner社の予測によると、2025年には約50%にまで増加すると見られている。しかしながら、サーバーレスコンピューティングにはいくつかの課題があるのも事実だ。その1つが、コールドスタートの際に、非アクティブなサーバーレス機能を立ち上げるために発生する数百ミリ秒のレイテンシである。コールドスタートに伴うユーザーエクスペリエンスの遅延は、コンバージョン率に大きな影響を及ぼす可能性がある。それに加え、リソースの競合やサイドチャネル攻撃に関する新たなセキュリティ上の懸念なども課題とされている。
こうした背景を踏まえて本資料では、開発者にとって便利で、高性能かつ安全な、新しいサーバーレスへのアプローチについて解説している。その中核となるのが、Fastly の次世代サーバーレスコンピューティング「Compute@Edge」だ。いかにしてCompute@Edgeは、プラットフォームの安全性や信頼性を損なうことなく、優れたパフォーマンスを提供するのか、ぜひお確かめいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]