ホワイトペーパー

名作ゲーム「DOOM」をCompute@Edgeに移植!プラットフォームとしての可能性に迫る

ファストリー株式会社 2022-02-15

ITインフラのアウトソーシングが進む中にあって、サーバレスコンピューティング環境における開発者エクスペリエンスを最優先に構築されているとして、特にエンジニアからの評価が高いのが、fastlyが提供しているEdge Computing基盤「Compute@Edge」だ。本資料では、Compute@Edgeの可能性の限界にチャレンジすべく、興味深い試みを紹介している。それは、1993年にid Software社から発売され、世界中で爆発的な人気となったゲール「DOOM」を、Compute@Edgeプラットフォームへと移植するというプロジェクトである。資料では、この名作ゲームをCompute@Edge上に移植する過程を、コード記述などとともに詳細に解説している。その内容からは、Compute@Edgeというプラットフォームが秘めた高い可能性を見出すことができるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]