ホワイトペーパー

グローバル規模でも柔軟、安全な「サーバーレス」開発環境を実現できるアプローチとは?

ファストリー株式会社 2022-06-20

現在、多くのシステム開発の現場で急速に普及している「サーバーレスコンピューティング」は、シンプルで優れた敏捷性と機能性を兼ね備えた環境だ。実際、Gartnerは「現時点では20%だが、2025年までにグローバル企業の半数がサーバーレスコンピューティングを導入する」と予測している。
しかし、サーバーレスコンピューティングにはいくつかの課題がある。たとえば、コールドスタートの際に、非アクティブなサーバーレス機能を立ち上げるために発生する数百ミリ秒のレイテンシが挙げられる。こうしたユーザーエクスペリエンスの遅延は、コンバージョン率に大きな影響を及ぼしかねない。さらに、限られた可観測性やリソースの競合、セキュリティ対策などにも考慮する必要がある。
自社でサーバーレスコンピューティングを効果的に取り入れるためには、何が必要なのか。以下の資料では、開発者のニーズを満たし、安全で優れたパフォーマンスを発揮する、柔軟で安全な環境の実現に求められるアプローチを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]