編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

Windows 10は2025年にEOL、企業デバイスをWindows11に移行すべき3つの理由

Ivanti Software株式会社 2022-04-14

2025年10月のWindows 10サポート終了(EOL)までに、企業のシステム管理者はWindows 11への移行に向けて膨大な作業に着手しなければならなくなった。そもそもなぜMicrosoftは、Windows 11などというものを発表したのだろうか。その理由の一つ目にセキュリティがある。シェアの高いWindowsはマルウェアの標的になりやすい。そのため、Microsoftは、一部のPCでアップグレードができなくなるにもかかわらず、必須のセキュリティハードウェアを要件とするという大胆な一歩を踏み出した。そして二つ目の理由は、運用負荷の削減だ。パスワード管理やバージョン管理などシステムが複雑化するなか、簡単なITの展開と管理が求められている。さらに3つめとしてユーザーエクスペリエンス(UX)が挙げられる。場所にとらわれない働き方やリモートワーク対応ではデバイスのUXが重要になる。
本資料では、デバイスをWindows11に移行すべき3つの理由として「セキュリティ」「簡単なITの展開と管理」「UX」を取り上げ、システム管理者がどうバージョンアップに対応していけばよいかを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]