編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ホワイトペーパー

柔軟性、コスト、管理性で優位 - コンテナの実行環境にプライベートクラウドを選ぶ理由とその具体的手法

株式会社IDCフロンティア(VMware Cloudナレッジ) 2022-02-18

リソースを有効活用し、サービス開発のスピードを高める手段として採用が進むコンテナ環境。オンプレミスからクラウドまでさまざまな環境で実行し、可搬性が高いことも大きな魅力だが、実際にコンテナの実行環境を構築・運用するには、課題も少なくない。代表的なニーズや課題としては「他社の利用状況に影響されずコンテナ基盤を使いたい」「コンテナ実行基盤のコストコントロールが難しい」「Kubernetesの構築と運用管理が大変」などがある。
本資料では、コンテナ実行環境を解決するポイントとして柔軟性、コスト、管理性などを挙げながら、コンテナの実行環境にプライベートクラウドを選ぶ理由とその具体的手法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]