編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ホワイトペーパー

アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

パロアルトネットワークス株式会社 2022-05-30

サイバー攻撃が拡大するとともに、その手口も高度化・巧妙化する中にあって、多くの企業の間で、advanced persistent threat (APT 攻撃)などの標的型攻撃を検出、防御、分析、対応するためのEndpoint Prevention and Response(EPR)製品が普及している。一般的なエンドポイント セキュリティ製品には、個々のデバイスでマルウェアやネットワーク攻撃を検出およびブロックすることが期待されるが、EPR製品にあっては、組織全体のネットワークへの侵入を目的とする多段階攻撃を阻止する必要もある。このため製品を選定するに当たっては、より多くの事項について検証することが求められる。
本資料では、これまで実行された中で最も包括的なEPR製品のテストの結果を詳しく解説している。このテストでは代表的な10のERP製品について、多様な手法を使用した50種類の標的型攻撃シナリオを適用している。侵害阻止に関する各製品の有効性をはじめ、そこから算出される節約額、製品の購入コスト、および製品の精度コスト(誤検知によって被るコスト)など、さまざまな分析を行っている。貴社に最適なERP選定にぜひお役立ていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]