ホワイトペーパー

オンプレからクラウドへデータ管理の世代交代-DX時代を勝ち抜くインテリジェントデータカタログの役割

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2022-03-31

長年オンプレミスのデータベースとDWHが主流だったが、現在はより俊敏性に注目が集まっていることから、エンタープライズ企業においてクラウド移行が進んでいる。スピード、拡張性、コスト削減、柔軟性に対する要求を把握する上で、クラウドは高い価値をもたらすからだ。ソフトウエアの近代化により、オンプレミスとクラウドのアプリケーションを効果的に統合できるようになってきた。AIと機械学習を活用し、セルフサービス化することで、手軽に優れたインサイトを引き出せるようになった。だが、多くのプロジェクトは移行の難しさから行き詰まっている。どのデータを移行するか、ソースはどこか、誰が利用するのか、接続先はどこかといった課題に直面するからだ。
この資料では、エンタープライズ企業におけるDWHをモダナイズしてクラウドへ移行するためのプロセスを伝えながら、データの発生元やデータ定義、導出方法などデータに関する情報を管理する「データカタログ」が果たす役割を説明する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]