ホワイトペーパー

DX推進の原動力--データの品質と信頼性を分析、視覚化。データガバナンスがデータの価値を高める

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2022-11-04

データ活用がデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進する上で重要な要素だと言う事は、誰しもが理解しているところだろう。しかし、データを活用するためのデータにとって重要なことは何かと問うと、回答に窮する方も多いのではないだろうか。実際にデータ活用が上手くいっていないという企業も多い。社内に存在する有象無象のデータをただ分析しても、ビジネスを飛躍させるインサイトを得る事は難しい。まず着手すべきは、そうした有象無象のデータを整理整頓し、本当に必要な”正しいデータ”を”正しく管理”することだ。そうした下地があって初めてデータ活用の本当の価値が生まれる。さらに近年では、個人情報や機密データなど、扱いを間違えると企業活動そのものにダメージをあたえるようなリスクを持つデータも増えている。こうしたデータそのものの持つ課題をいかに解消するかが企業にとって重要となっている。本資料では、こうした課題を解消するデータガバナンスの実現のために必要な基本的な考え方や具体的な解決アプローチとして、Informatica Axon Data Governance、Informatica Enterprise Data Catalog、Informatica Data Qualityといったソリューションを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]