ホワイトペーパー

セキュリティサービスエッジ(SSE)とは何か、ソリューション採用時に避けるべき7つの落とし穴

ゼットスケーラー株式会社(Zero Trust) 2023-01-18

Gartnerが提唱したSASEは、クラウド上でネットワークアクセスとセキュリティを融合し、中央集権的ではないセキュリティによって、どこからでも安全な接続ができることを保証するセキュリティフレームワークだ。SASEはさまざまなコンポーネントで構成されるが、そのなかで、インターネットアクセスに関してポリシーの決定と執行を行うサービス群のことをGartner Researchではセキュリティサービスエッジ(SSE)と呼んでいる。企業がデジタル変革を推進する際には、SSEに注目することが重要で、これにより、サービスの管理やダイレクト接続、ビジネス主導のセキュリティ、グローバルな実施などが可能になるという。
本資料では、SSEとは何か、SSEソリューションを採用する際に避けるべき7つの落とし穴を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]