インターネットテレビの視聴動向

ネットユーザーの3割がインターネットテレビを1ヶ月に1回以上視聴。Gyao独走。

株式会社日経リサーチ 2006年07月10日

 株式会社日経リサーチは、インターネットテレビの視聴状況について、16-69歳の日経リサーチ・インターネットモニターを対象に調査を実施した。インターネットテレビはネットユーザーの3割に既に活用されており、ひとつのエンターテインメント・メディアとして育ちつつあることが明らかになった。

■1ヶ月以内の視聴経験は3割を超える
 今回の調査では主要な25のインターネットテレビサイトをあげ、1ヶ月以内の視聴状況を尋ねている。その結果、34.2%は視聴経験があることがわかった。一般的なインターネットにおけるストリーミングなど動画視聴については、男性10-20代、30代の利用が多い。しかし、今回設定した25サイトの視聴についてはやや傾向が異なり、男性では世代を問わず4割が視聴経験あり、と高い結果を示した。

■GyaOに圧倒的な支持
 具体的に見ている番組は「GyaO」が最も多く、23.4%であった。次いで「Yahoo動画」(15.4%)、「BIGLOBEストリーム」(6.7%)と続く。

■エンタテインメント・メディアの可能性
 インターネットテレビ視聴者のネット利用時間帯を見ると、休日のプライムタイムのネット利用が、全体平均よりも高く、インターネットをエンターテインメントツールとして活用している姿がうかがえる。
 また、インターネットテレビ視聴者は「パソコンのモニターは、画質のきれいさにこだわる」という回答が45.7%と非視聴者(30.5%)に比べて高く、インターネットテレビの普及が、パソコンというハードの価値にも影響を与える可能性を持っている。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日経リサーチの関連情報

株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!