日本オセ、『Oce Engineering Document Solution 2005』を名古屋で開催

最先端の製品管理ソリューションおよび製造業における図面管理の成功事例を紹介

日本オセ株式会社 2005年10月07日

日本オセ株式会社(本社:東京都港区西新橋、社長:山本 義明)は、2005年
10月20日(木)に、名古屋東急ホテル(愛知県名古屋市)で、製造業における文
書/図面管理に関するセミナー『Oce Engineering Document Solution 2005』
を開催します。
近年、製造業においてはPLMソリューションの構築が重要視される中、開
発から生産までを連携させた一環したシステムの導入が大きな課題となって
きています。今回の『Oce Engineering Document Solution 2005』では、ト
ヨタ自動車株式会社様による講演「製品情報管理のグローバル化対応」 を
初めとして、PLMソリューションの構築に当たりシステム連携を実現して
いるお客様の成功事例を紹介します。
また、オセの図面管理ソリューションの最新機種であるOce TDS800 Pro Series
とソフトウェアの図面管理システムであるOce Engineering Execの製品紹介
を同時に行います。日本オセの高い性能と優れた操作性を持った製品を活用
することで、図面管理業務を大幅に効率化し、業務全般の生産性の向上に貢
献できます。

******************************************
Oce Engineering Document Solution 2005概要
******************************************

■セミナー名:『Oce Engineering Document Solution 2005』
■ 開催日  2005年10月20日(木) 13時開演 (12時30分開場)
■ 会場   名古屋東急ホテル 4F 雅の間
■ 参加   無料 (事前登録制)
■ 参加登録方法
日本オセの次のホームページにある案内詳細を確認の上、メールまたは
FAXでお申し込みください。
   (リンク »)
■ 講演内容  
「経営に貢献するPLMシステムとは?」
-日本のものづくりに求められるITシステム -
「経営に貢献する生準ソリューションの事例紹介」
「図面管理システムを利用した一括出図システムのご紹介」 
- 株式会社東京自働機械製作所様 導入事例 -
「製品情報管理のグローバル化対応」 
- 部品表・図面など製品情報管理の改革と今後の方向について -
■ 実機展示
Oce TDS800 Pro Series(大判モノクロ複合システム)
Oce TCS400(大判カラーインクジェットプリンタ )
Oce Engineering Exec (図面管理ソリューション)
■ 主催:日本オセ株式会社
■ この件に関するお問い合わせ先:
日本オセ株式会社 マーケティング部  電話: 03-5402-6110

用語解説

****************
日本オセについて
****************

日本オセは、大判業務用プリント市場で世界をリードするオセの、日本市場
への拠点として設立されました。日本オセは、ハードウェア、ソフトウェア
両面にわたる多彩な商品ラインアップで、CAD市場および複写機による複写業
界への参入、オンデマンド印刷用デジタル・プリンタ事業に取り組んでいま
す。東京、大阪、名古屋、福岡に営業拠点を持ち、その大判業務用入出力ソ
リューションは、自動車業界をはじめとする数多くの企業で採用されていま
す。
**************
オセ社について
**************

オセ社は、ドキュメントの出力・複写・配布・管理のための、さまざまな製
品とサービスを提供するドキュメントのリーディング・カンパニーです。世
界80カ国以上で事業展開を行い、21,315人の従業員と、2,652百万ユーロの年
間売上高を誇ります。業務用大判プリンタでは欧州で75%、米国で60%のシ
ェアを獲得。詳細につきましては  (リンク ») を参照ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本オセ株式会社の関連情報

日本オセ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?