アッカ・ネットワークスとフュージョン・コミュニケーションズ、 WiMAXの実証実験におけるVoIPアプリケーションの実験を実施

株式会社アッカ・ネットワークス、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 2006年05月11日

株式会社アッカ・ネットワークス(以下アッカ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂田好男、 (リンク ») )は新規ワイヤレスブロードバンド方式の候補のひとつであるIEEE802.16e(通称モバイルWiMAX(*1)、以下WiMAX)の実証実験において、VoIPアプリケーションの実験をフュージョン・コミュニケーションズ株式会社(以下フュージョン、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:角田忠久、 (リンク ») )と実施いたします。

アッカは現在総務省にて検討が進められている次世代無線アクセス技術における2.5GHz帯の有力候補であるWiMAXでの周波数獲得を目指しており、WiMAXの技術実験の準備を進めております。実験ではWiMAXの無線技術としての基本特性の確認を行うとともに、アプリケーション検証実験を行う予定であり、そのひとつとして実施するVoIPアプリケーションの実験については、同分野において技術及びビジネスノウハウのあるフュージョンの協力を得て実施することを決定いたしました。

実験は6月から8月までスループット、カバレッジ、ハンドオーバーなど無線特性の確認を中心として行い、その後VoIPやビデオストリーミングなどアプリケーションの検証を進めていきます。フュージョンとのVoIP実証実験においては、WiMAX上でVoIP電話を利用した場合の遅延、スループットなどの音声品質や移動したときの接続性など、WiMAX上でのVoIP電話サービスの実現可能性を技術面から検証する予定です。固定電話では広く利用されているVoIP電話サービスが、WiMAXという無線ブロードバンドアクセス技術上でシームレスに利用できれば、音声のFMC化(固定と無線の融合)に新たな拡がりが期待できます。

アッカは今回のWiMAXの実証実験においてVNO(*2)を前提としたオープンな環境を用意し、多くのパートナに参加いただき、各種のアプリケーション検証実験を積極的に進めていく予定です。パートナとしてはコンテンツ・放送業界、エンタテインメント端末業界、ISP、その他ITソリューション業界の企業などを想定しており、幅広い企業との実験を通じてWiMAXの利用シーンの具体化やその可能性の検証を進めていく予定です。

アッカはコミュニケーションサービスカンパニーとして、市場におこる新たな波を的確にとらえ、WiMAX技術を活用することにより、さらにユーザニーズに合ったブロードバンドサービスの提供を積極的に推進し、顧客満足度の向上を目指します。


≪本件に関するお問い合わせ≫

株式会社アッカ・ネットワークス
インフォメーションセンタ
TEL:0120-2044-39 (9:00~18:00土・日・祝日除く)
E-mail: info@acca.ne.jp

用語解説

*1 モバイルWiMAX
モバイルWiMAXは、次世代高速無線通信アクセスとして期待されている技術であり、IEEE802.16eとして規格化されています。既存の無線技術である3Gや3.5Gに比べてコスト優位性が高く、現在、総務省が検討している次世代無線アクセス技術において2.5GHz帯の周波数割当ての有力な候補となっています。

*2 VNO
Virtual Network Operatorの略で他社の通信インフラを借り受けて通信サービスを提供する事業者のことを指します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR