2010年に急増する米国バンドルサービスの収益

2010年までに半数以上のブロードバンド世帯がトリプルプレイまたはクワドラプルプレイのバンドルサービスに加入する

株式会社データリソース 2006年02月09日

パークスアソシエイツ社 (Parks Associates)は、2010年までに米国のバンドルサービスによる年間収益は1195億ドルに達すると予測している。

パークスアソシエイツ社の調査レポート「バンドルサービスビジネス市場 :ユーザー、ビジネスモデル、そして市場の理解 - The Business of Bundled Services: Consumers, Models, and Uptake 」は、2010年までに米国のバンドルサービスによる年間収益は1195億ドルに達するとしている。バンドルサービスはサービスプロバイダが提供するパッケージサービスで、有線音声、高速インターネット、テレビ、無線音声サービスを組み合わせたものである。

「IP統合の時代に、ILEC、ケーブルMSO、衛星キャリアなどのサービスプロバイダは、顧客を長期間ひきつけるためにはバンドルサービスが重要だと気がついた」とパークスアソシエイツ社の調査アナリストDeepa Iyer氏は言う。「バンドルサービスは初期段階にあるが、サービスプロバイダの解約率は下がり始めている。」

パークスアソシエイツ社の調査レポート「バンドルサービスビジネス市場 :ユーザー、ビジネスモデル、そして市場の理解 - The Business of Bundled Services: Consumers, Models, and Uptake 」によれば、2005年末にバンドルサービスに加入していた米国のブロードバンド世帯の割合は39%程度であり、大半の世帯がダブルプレイサービスに加入していた。だがサービスプロバイダが適切な戦略を導入すれば、2010年末までに55%のブロードバンド世帯がトリプルプレイまたはクワドラプルプレイに加入するだろうとパークスアソシエイツ社は予測している。

「ただ単に請求書の一本化を宣伝しても、バンドルサービスの割引きだけではサービスの有益性は認識されない」とIyer氏は言う。「サービスプロバイダは異なるサービス機能をシームレスに統合して、さまざまなユーザ特有のニーズとライフスタイルに合うようなパッケージを確立する必要がある。」

パークスアソシエイツ社の調査レポート「バンドルサービスビジネス市場 :ユーザー、ビジネスモデル、そして市場の理解 - The Business of Bundled Services: Consumers, Models, and Uptake 」は、変貌するバンドルサービス市場のダイナミクスを分析している。また理想的なサービス構成、消費者グループ、バンドルサービスの新しいモデルについて記載している。サービスプロバイダや付加価値の高いソリューションプロバイダが、より良い市場戦略を設計・実行して、ARPUを拡大し、かつ顧客維持率を高めるためのガイドラインを提供している。

◆調査レポート
バンドルサービスビジネス市場 :ユーザー、ビジネスモデル、そして市場の理解
The Business of Bundled Services: Consumers, Models, and Uptake
(リンク »)

◆パークスアソシエイツ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR