カイエンシステム開発、ディサークルとナレッジオートメーション、 製造業のための全社営業力 強化トータルソリューションを発表

11月1日(火)より製造業のための全社営業力 強化トータルソリューションを販売することを発表いたします。初年度販売目標は30社です。

ナレッジオートメーション株式会社 2005年10月19日

株式会社カイエンシステム開発(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金子一彦)、ディサークル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:西岡 毅)とナレッジオートメーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:竹原司)は、11月1日(火)より製造業のための全社営業力 強化トータルソリューションを販売することを発表いたします。初年度販売目標は30社です。

製造業を取り巻く環境の変化と日本の製造業の現状

製造業を取り巻く環境は劇的に変化しています。
・製品ライフサイクルの短縮が進んでおり、ニーズ変化への迅速な対応が企業の盛衰を決める状況にあるといえます。
・市場ニーズの変化をいち早くキャッチし、それを確実に製品・サービスに反映させることが、最重要です。
・また、最新の製品情報を、そのターゲットとする市場に確実にタイムリーに提供する必要があります。
日本の製造業の現状は以下のように感じられます。
・基幹システムへの投資は行われたが、迅速な企業活動を実現する情報システムへの投資は、ほとんど行われていません。
・一部、営業支援(CRM・SFA)や、グループウェアは普及し始めましたが、特定部門での利用や、メールの代用程度の表面的な利用に限られ、全社の体質を改善するまでには至っていません。
・部門間、あるいは、顧客とのコミュニケーションは、いまだに、電話やメールなどの個別対応的手段で行われており、統合性のあるシステムとしての機能は発揮されていません。

市場ニーズの変化に対応できる全社営業力と現在の営業支援系ITツールの問題点
 本ソリューションは、このような現状を打破するため、3社のパッケージを連携させて、以下のような効果を
狙ったものです。
市場ニーズの変化に対応できる全社営業力とは、以下のような要素があります。
・製造業に於ける営業力強化は、単に、営業部門だけの強化では実現できません。
・営業の掴んだ市場ニーズの変化を素早く全社に伝え、その変化に対応した製品・サービスを短期間に開発、市場に投入できる「全社を挙げての営業力強化」が、最重要課題と言えるのです。
・そのためには、全社全部門で、市場ニーズと製品情報の双方をリアルタイムに共有し、その情報に基づくコミュニケーションを行いながら企業活動を市場変化に適応させて行くことが必要です。
現在の営業支援系 ITツールには以下のような問題点があります。
・現在、これらの活動を支援するITツールは、多数販売されていますが、それらが上記の観点から充分な効果を発揮しているとは言いがたい状況にあります。
・代表的なツールには、CRM、SFA、グループウェア、ワークフロー、文書管理などがありますが、それらは独立した製品として提供され、部分的な効果しか発揮されておらず、各部門個別のシステムとして稼働しているものがほとんどです。

本ソリューションが提供できる機能と効果

本ソリューションが提供できる機能と効果は、以下の通りです。
・今回発表する「全社営業力強化トータルソリューション」では、これらの問題点を解決し、真の営業力・企業力を発揮できる環境を創り出す、全社全部門に渡る情報共有、情報交換を可能にします。
・営業が顧客に対して、単なる窓口ではなく、全社の力を統合した対応力をレスポンスよく発揮できる情報環境を提供します。
・具体的には、実績あるCRM、企業ポータル、製品情報管理、戦略的ホームページ管理を全社営業力強化の観点で統合化したトータルソリューションとして提供します。
・今回提携した3社が開発した下記4種のシステムを連携させたソリューションパッケージとしてご提供します。
・企業ポータル・・・「POWER EGG」ポータル、グループウェア、ワークフローを一体化した企業情報ポータル
・顧客管理/営業支援・・・「BizMagic」
「顧客創出」と「受注促進」の2つのプロセスで確実な売上拡大を実現する営業支援。
・製品情報管理・・・・「DATA-COSMOS」
製品やサービスに関する情報、さらには、販売やサポートに関する多種多様な情報まで、全社に渡る企業情報をセキュアに共有・交換する情報コンテンツデータベース。
・販売推進ホームページ管理・・・「COSMOS-CMS」
  製品情報をターゲット顧客毎にタイムリーに公開できる販売促進型ホームページを作成、管理できる先進のCMSシステム。

カイエンシステム開発、ディサークルの支援を受けナレッジオートメーションが実施するプロモーションを通じて、国内の企業に対し、本ソリューションの浸透を図ります。その第一弾として、10月27日東京で開催される「製造業向け 総合営業力 強化セミナー」と題した講演会で、初めて本ソリューションをご紹介いたします。 (リンク »)


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社カイエンシステム開発ソリューション営業部:中澤
TEL:03-5333-5586 FAX:03-5333-5584 e-mail:nakazawa@caien.co.jp
(リンク »)             

ディサークル株式会社営業企画担当:都平
TEL:03-3523-5611 FAX:03-3523-5612 e-mail:tohira@d-circle.com
(リンク »)           

ナレッジオートメーション株式会社販売促進グループ:野田
TEL:03-5297-4820 FAX:03-5297-4866 e-mail:kazuo.noda@ka-j.com
(リンク »)            

【会社概要】

■ 株式会社カイエンシステム開発
 株式会社カイエンシステム開発は携帯、Web、DBを利用したシステム開発に強みを持つシステム開発会社として設立されました。これら社内に蓄積されたノウハウを活かし、『現場が使いやすい』をコンセプトに営業支援ツール「BizMagicCRM」を開発・販売。製造業・OA商社様を中心にした導入実績がございます。「BizMagicCRM」は従来のSFA/CRMシステムとは異なり、自然な流れで入力できる画面レイアウトや入力方法等に徹底的にこだわり、高い定着率を実現しております。
■ ディサークル株式会社
    ディサークル株式会社は、ビジネスポータル関連ソフトウェア「POWER EGG」の開発・販売を行っています。 POWER EGGは、社員一人ひとりが仕事をする中で「気づき」「考え」「行動」することを促す共通の『場』を提供するツールとして、また経営者にとっては「会社が見え、社員の行動の質を向上させ、企業の競争力を強化すること」を支援する目的で開発された企業ポータルソフトです。気づかせるための「ポータル」機能と行動を支援するためのアプリケーション(グループウェア、決裁ワークフロー、営業支援、文書管理)をオールインワン化したパッケージであり、顧客サービス向上、コストダウン及びスピード経営という企業が抱える経営課題の解決を支援いたします。現在、約800社以上で採用していただき、高い評価を受けております。
■ ナレッジオートメーション株式会社
ナレッジオートメーション株式会社は、多様なコンテンツをXCDFと呼ぶコラボレーション専用データに変換して、オリジナルデータを送らずにコンテンツ共有できる独自技術を開発。端末側にデータが残らず、かつ、高速・高品質なコンテンツ共有を実現する「DATA-COSMOS」を製品化。大企業を中心に多数の納入実績を有する、ナレッジコンテンツマネージメントの専門企業。

このプレスリリースの付帯情報

連携イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ナレッジオートメーション株式会社の関連情報

ナレッジオートメーション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR