ピクセル、消費者向けに、Picsel Proviewer の直接販売を開始

市場ニーズに答え、アフターマーケットソリューションを提供開始。

ピクセル・テクノロジーズ株式会社 2006年01月13日

(このリリースは、ピクセルテクノロジーズが、CES、ラスベガス(ネバダ州)
で2006年1月5日に発表したプレスリリース日本語訳になります。)

ピクセルテクノロジーズ(本社:英国グラスゴー、CEO:イムラン・カーンド) は、本日、市場の強いニーズに応えるため、Picsel Proviewerを消費者向けに直接販売を開始することを発表しました。2006年1月末に、SymbianとPalmプラットフォーム向けPicsel Proviewerが、www.picselpowered.comで、ダウンロード可能になります。また、今月末までにそれ以外のソフトウェアプラットフォーム向けのPicsel Proviewerと販売チャンネルについての詳細についての発表を行う予定です。

Picsel Proviewerにより、モバイルユーザーがリッチ・コンテンツを添付ファイルとして携帯上でシームレスに利用することができます。Picsel Proviewer は、携帯電話やハンドヘルド・デバイスに比類ない機能性を提供する、プロシューマ向けのピクセルの”Pro”ブランド製品群の最初の製品になります。

Picsel Proviewerは、マイクロソフト・オフィスのファイル (Word、Excel、
PowerPoint)、Adobe PDFファイル、テキストファイル、画像ファイルをネイティブ形式でサポートしています。Picsel Proviewerにより、モバイルユーザーは、小さな画面上でも、高速にスクロール、 ズームを行うことで、快適にコンテンツを利用することができ、PCと同等の文書の機能にそのままアクセスすることできます。

ピクセルの CEOであるイムラン・カーンドは次のように語っています。「わたしたちは、ピクセルは、モバイル市場で最も優れたユーザー体験を提供することができる企業であると確信しており、消費者向けに直接製品を提供することで、より広く多くのユーザーに向けてわたしたちの優れたソリューションを提供できることになります。こうした形で製品を提供することで、モバイルユーザーは、操作性、ユーザインタフェースの格段に優れた新しいアプリケーションを選択することができるようになります。」

用語解説

************************
PICSEL PROVIEWERについて
************************

Picsel Proviewerは、ピクセルテクノロジーズの持つあらゆる種類のデバイスに対して様々なリッチ・コンテンツを提供することを可能にするソリューション技術の一つの代表的なアプリケーションです。ピクセル・ドキュメントビューアーにより、マイクロソフト・オフィスドキュメントやPDFドキュメントを、高解像度で閲覧、またオリジナルコンテンツの豊かさを損なうことなく自在に拡大縮小するなど、直感的なインタフェースでの操作することが可能になります。 しかも、こうした機能をコンテンツのリエンジニアリングや、サーバーでの変換作業あるいはデバイス間でのSync処理を行うことなく全てクライアントサイドで実現できます。携帯電話のコンテンツ・プラットフォーム市場をリードする企業であるピクセルの技術は、ハイエンドなマルチメディア機能をあらゆる携帯 電話、OSに提供することを可能にします。


******************************
ピクセルテクノロジーズについて
******************************

ピクセルは、その独自のユーザー・インターフェース(特許取得済)による様々な機能を持ったソフトウェアにより、小さな画面上で、直感的で、鮮明なモバイル体験を実現します。 同社は、欧州、アジア、米国に拠点を持ち、顧客には、モトローラ、サムスン、シャープ、ソニー、パナソニック、NTTドコモ、 パーム、カシオ日立、京セラといった企業が含まれます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ピクセル・テクノロジーズ株式会社の関連情報

ピクセル・テクノロジーズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!