機密・個人情報を完全に守る仮想暗号化ディスク作成ツール Private Disk 発表(5月9日)

株式会社ネクステッジテクノロジー 2006年05月14日

株式会社ネクステッジテクノロジー(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:坂本堪亮、以下ネクステッジ)は、企業内や個人が重要な 機密情報や個人情報のデータを常に安全な環境下で使用するための ソフトウェアPrivate Disk(プライベートディスク)の販売を開始しました。

プレスリリース
2006年5月9日
株式会社ネクステッジテクノロジー

--------------------------------------------
強力セキュリティソフトウェア、
機密・個人情報を完全に守る仮想暗号化ディスク作成ツール
Private Disk 発表
=============================================

株式会社ネクステッジテクノロジー(本社:茨城県つくば市、
代表取締役:坂本堪亮、以下ネクステッジ)は、企業内や個人が重要な
機密情報や個人情報のデータを常に安全な環境下で使用するための
ソフトウェアPrivate Disk(プライベートディスク)の販売を開始しました。
下記URLにて本製品の30日試用版のダウンロード、またオンライン
購入を提供しております。
www.shareedge.com/modules/shareware/view_shareware.php?lid=20060119-001


■Private Disk とは?

Private Diskを使って、今までと同じ作業手順で重要な機密
情報や個人情報データを保護することができます。Private Disk
では、パスワードで保護された仮想暗号化ディスクイメージを作成し、
それをWindowsにマウントすることで、通常のリムーバブルドライブ
または、固定ディスクとして扱うことができます。
仮想暗号化ディスク イメージは、完全に暗号化されている
ため、USBメモリなどに保存して、持ち歩いたり、ファイルとして転送
したりする際、紛失や盗難にあっても、アクセス権を持たない第三者に
盗み見られたり、改ざんされたりすることはありません。
また、アプリケーション ファイアウォール機能を設定することで、マウント
した仮想暗号化ディスク上のデータにアクセスできるアプリケーション
やプログラムを指定することで、データ流出や、ウィルス感染や
その他のマルウェアから守ることもできます。

米国標準技術局(NIST)による、米国政府の次世代標準暗
号化方式AESアルゴリズム(256ビットキー長、CBCモード)を
採用しているため、信頼性が高く、機密データを安全かつ強力
に保護します。


[機能の特徴]
l 操作が簡単
l 256ビットAESアルゴリズムによる高い信頼性
l USBメモリなど、リムーバブルデバイス上に作成可能
l 大容量の仮想暗号化ディスクイメージの作成
l アプリケーションファイアウォール
l アイドル時の自動マウント解除機能
l 圧縮暗号化によるバックアップ機能
l 自動プログラムの実行
l 共有設定の自動回復

**Private Disk はDekart s.r.l.が開発、㈱ネクステッジテクノロジーのローカ
リゼーションにより日本語化、日本語環境下にて各種テストされた製品です。

[販売価格] 5,400円 (税込5,670円 シングルライセンス)
[販売形態] オンライン ダウンロードによるライセンス販売


【会社概要】
■株式会社ネクステッジテクノロジー
(リンク »)
ネクステッジテクノロジーは、ソフトウェア製品のグローバリゼーション(イン
ターナショナリゼーションおよびローカリゼーション)に特化したサービスを
提供しています。また、海外の優れたソフトウェアを紹介してダウンロード
購入できる「shareEDGE」(シェアエッジ)を
2004年8月に開設。現在、米国、カナダ、ブラジル、中国、ヨーロッパなど
10ヶ国以上にわたるベンダーが開発した、Windows / Linux / PDA用の
130以上のソフトウェア製品を扱っています。


shareEDGE (リンク »)
SpywareGuide (リンク »)



■報道関係者お問い合わせ先
【このニュースリリースに関する報道機関からの問合せ先】

株式会社ネクステッジテクノロジー
担当:坂本(サカモト)、狩野(カリノ)
TEL:029-858-1126 / 090-6524-1159
Email:contact@nextEDGEtech.com

shareEDGE(シェアエッジ)、スパイウェアガイドは
株式会社ネクステッジテクノロジーの登録商標です。
すべての企業名、ブランド名、製品名は各所有者の
商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクステッジテクノロジーの関連情報

株式会社ネクステッジテクノロジー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!