高性能ペア/バルク伝送技術とEthernetポート(4ポート)毎にサービス・トラフィック・シェーピング機能を追加した、最大45Mbpsでの送受信が可能なG.SHDSL.bisモデムの販売を開始

ハイテクインター株式会社(社長:旦尾 紀人、本社:東京都千代田区)は、アクテリス・ネットワークス社製高速G.SHDSL.bis DSLモデム「ML600シリーズ」の販売を開始いたします。

ハイテクインター株式会社 2006年06月07日

「ML600シリーズ」は、「MetaLIGHT 50シリーズ」の後継機種として、
業界で評判の高い最新のペア伝送技術であるEFMプラットフォーム
(IEEE 802.3ah)、ITU G.998.x(G.bond)を採用し、メタル回線でも
光ファイバーと同等の品質で高速アクセスが可能なDSLモデムです。
最大8ペアまで束ねて上り/下りとも最大45Mbpsで送受信することが出来る
ため、既存のメタル線を最大限に活用することで新たに光ファイバーを
敷設する場合と比べ、大幅にコストを削減することができます。

 また、「ML600シリーズ」は各モデルともEthernetポートを4ポート備え、
1k単位毎に帯域管理・速度調整が可能なサービス・トラフィック・シェーピング
機能を各ポート毎に設定できるため、接続機器毎の細かな帯域管理を
実現します。アダプティブレート(ペア伝送時、1ペアが切断してもリンクを
保持)、クロストークキャンセレーション・マネジメント、高い伝送効率
(オーバーヘッドは一般製品が20~40%に対し、当製品は約5%)など、
安定した高速データを実現する機能を引き続き実装することにより、
さらに長距離性能の向上をはかれ2ペアで5.2kmまで最大速度11.4Mbpsで接続
することが可能です(0.9mm経メタル線使用時)。

 動作温度についても-40℃~+65℃と広範囲での利用が可能で、今まで
使用できなかった寒冷地等厳しい環境でも設置することが出来ます。

○製品の主な特長
● EFMプラットフォーム(IEEE 802.3ah)、ITU G.998.x(G.bond)に準拠
● メタル線1ペア最大5.7Mbps、8ペア最大45.6Mbpsで伝送可能
● Ethernetポート(4ポート)毎にサービス・トラフィック・シェーピング機能対応
● クロストークキャンセレーション・マネジメント機能対応
● 高い伝送効率(オーバーヘッド約5%)
● ADSLやVDSLに比べ、ノイズに強く安定した通信
● ネットワーク統合による全面的なネットワーク費用の削減

○製品の主な仕様用途
● 工場・プラント内のLAN延長
● 学校内キャンパスLAN延長
● 鉄道・道路・交通機関通信回線
● 企業LAN延長
● 通信事業者アクセス回線


このプレスリリースに関するお問い合わせは下記までお願い致します
ハイテクインター株式会社 ビジネス推進部 担当:高石
TEL : 03-3863-5221 / FAX : 03-3863-5388
Mail:info@hytec.co.jp / (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

ML628J

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ハイテクインター株式会社の関連情報

ハイテクインター株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!