ネクストコムとMPT、CTIミドルウェアのシンクライアント化を実現

~情報漏洩対策を意識した、高セキュリティなコンタクトセンターの構築が可能に~

ネクストコム株式会社/株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 2006年10月23日

ネクストコム株式会社と株式会社エム・ピー・テクノロジーズは、コンタクトセンターで利用されるCTIミドルウェアのシンクライアント化を実現するソリューションを開発したことを発表します。

ネクストコム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本 茂、以下ネクストコム)と、株式会社エム・ピー・テクノロジーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉本 万寿夫、以下MPT)は、コンタクトセンターで利用されるCTI(※1)ミドルウェアのシンクライアント(※2)化を実現するソリューションを開発したことを発表します。

近年、情報漏洩対策、J-SOX法対応等で、企業においてはシンクライアントソリューションのニーズが高まっています。特に大量のユーザ情報を取り扱い、且つアウトソースされることが多いコンタクトセンターは、従来よりシンクライアント化のニーズ及び導入の優先順位が高い分野と言われています。しかしながらこれまではCTIミドルウェアのコア機能であるCRM(※3)連携が、技術的な課題によりシンクライアント上では稼動しなかったため、事実上シンクライアント化は進んでいない状況です。

この度、ネクストコムとMPTでは、Genesys社のFrameworkとCitrix社のCitrix Presentation Server(TM)をベースに、CTI機能(音声・画面のポップアップとスクリーン転送機能)をシンクライアント環境で利用可能とするソリューションを開発しました。ネクストコムが持つCTIに関するノウハウと、MPTが持つシンクライアントのノウハウを活かしたこのソリューションにより、これまで技術的な課題でシンクライアント導入を見送っていたコンタクトセンターのシンクライアント化が可能となり、物理的にクライアントにデータを一切保存しないセキュアなコンタクトセンターを構築することができます。結果として、新たなシンクライアントマーケットの創造と、既存コンタクトセンターのイノベーションを実現できるものと考えます。

ネクストコムとMPTは、今回のソリューション開発によりアライアンス関係を一層強化し、金融機関やテレマーケティング会社など顧客情報の取扱いを厳しく管理するコンタクトセンターへの共同拡販を進め、今年度で約10サイトへの販売を目指す予定です。

以上

用語解説

(※1)CTI:「Computer Telephony Integration」の略。電話音声などのアナログ情報と、コンピュータのデジタル情報を統合するための技術。このCTIを利用することで、顧客からの問い合わせに、効率的かつ効果的に対応することが可能となります。

(※2)シンクライアント:企業等で社員が使うコンピュータに最低限の機能しか持たせず、サーバ側でソフトウェアやデータ(ファイル)等を管理するシステムの総称です。運用・管理コストの削減につながるだけでなく、データをクライアントに保存できないため、情報漏洩対策としても非常に効果的なソリューションとして注目されています。

(※3)CRM:「Customer Relationship Management」の略。情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することによって実現します。

【ネクストコム株式会社について】
ネクストコムは1991年の設立以来、最先端のIPソリューションまで網羅した、導入の検討から設計・構築、保守サービスに至るまでの総合的なサービスを提供しています。従来、ネットワークインテグレーションを主力としていましたが、2004年12月にアダムネット、BSIと合併し、データネットワークソリューション/ボイスソリューション/システムソリューションの3分野を主力とした多面的ワンストップサービスを提供するIP Solution Providerとして、お客様の情報ライフラインを守ってまいります。
URL: (リンク »)

【株式会社エム・ピー・テクノロジーズについて】
MPTは、企業向けソリューションとして新ブランド「Resalio」シリーズを順次立ち上げるなど、企業へのSBC(サーバベースドコンピューティング)環境構築、シンクライアントソリューション、J-SOX対策ソリューションの販売を積極的に展開しております。また、世界各地のホスピタリティ市場へ、VOD(ビデオオンデマンド)、HSIA(高速インターネット)をはじめとした、ワンストップブロードバンドサービスを提供しています。MPTグループでのホテル導入実績数は在約65万室となっております。
URL: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
ネクストコム株式会社 経営企画部 IR・広報室 酒井伊織
(TEL:03-5259-6102、FAX:03-5259-7214、e-mail:press@nextcom.co.jp)

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 経営企画グループ IR担当
(TEL:03-5225-2501、FAX:03-5225-2502、e-mail:ir@mptech.co.jp)


※ネクストコム、ネクストコムロゴは、ネクストコム株式会社の登録商標です。
※Citrix Presentation Server(TM)は、Citrix Systems, Inc.の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。
※その他、本リリースに記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?