エクスポートジャパンがインド最大級のB2Bポータルサイトと提携

アジア第二位の巨大市場へ進出を狙う日本企業のウェブプロモーションを支援

エクスポート・ジャパン株式会社 2005年11月22日

エクスポートジャパン株式会社(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長:高岡 謙二)は、インド最大級の国際B2Bポータルサイトである”trade-india.com”と提携し、ネットで日本企業の製品プロモーションを代行するサービスを開始した。

“trade-india.com"は、1996年から運営されているインドでは最大規模の貿易マッチングサイトで、40万以上の企業会員登録数を誇り、中国のアリババや韓国のECプラザに並ぶアジア有数のB2Bポータルサイトと称されている。

今回のサービスは、”trade-india.com”から毎週20万人以上に配信されている英文のニュースレターに、エクスポートジャパンが日本企業の情報掲載を仲介するもので、費用は1回の配信で約30万円。また、この英文ニュースレターはインド国内のビジネスマンが購読者の半数強を占めるものの、実際には世界155ヶ国の企業ユーザーに向けても配信されており、このサービスを利用する事によって、インドを中心としたアジア全域の貿易関連企業に対して、企業の新製品情報等を一斉に告知する事が可能になる。

エクスポートジャパンは、日本国内では最も早くから海外向けのウェブマーケティングに専門的に取組んでいる企業で、自らも2000年から英語の国際B2Bサイトを運営しており、今回のタイアップによりそのマーケティングエリアを大きく拡大した。

(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エクスポート・ジャパン株式会社の関連情報

エクスポート・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?