インターネットに写真を公開できる写真共有サイト『フォト蔵』に撮った写真の著作権を簡単に設定できる機能を追加

ウノウ株式会社 2005年11月25日

国内最大級の映画専門サイト「映画生活」などオリジナリティのあるインターネット・メディアを企画・運営する、ウノウ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山田進太郎 以下ウノウ)は、写真共有サイト『フォト蔵』に撮った写真の著作権を簡単に設定できる機能を追加しました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インターネットに写真を公開できる写真共有サイト『フォト蔵』に
撮った写真の著作権を簡単に設定できる機能を追加
(リンク »)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

国内最大級の映画専門サイト「映画生活」などオリジナリティのあるインター
ネット・メディアを企画・運営する、ウノウ株式会社(本社:東京都渋谷区 
代表取締役社長:山田進太郎 以下ウノウ)は、写真共有サイト『フォト蔵』
に撮った写真の著作権を簡単に設定できる機能を追加しました。

『フォト蔵』は、「写真アルバム」にSNS機能をつけた、写真共有に特化した
サイトです。ユーザーは、撮った写真をフォト蔵に登録することで簡単に
インターネットに公開することができ、それをブログに貼り付けることもでき
ます。

今回、フォト蔵に公開している写真に対して簡単に著作権を設定できる機能を
追加しました。RSSでも配信をしております。

フォト蔵-クリエイティブコモンズ写真一覧
(リンク »)

著作権はクリエイティブコモンズに準拠した下記の6種類から選択できるよう
になります。

* 帰属
* 帰属 - 同一条件許諾
* 帰属 - 派生禁止
* 帰属 - 非営利
* 帰属 - 非営利 - 同一条件許諾
* 帰属 - 非営利 - 派生禁止

クリエイティブコモンズに関しては下記URLをご参照ください。
(リンク »)

従来の写真共有サイトは写真を公開することしかできず、他の人の撮った写真
を使用したい場合は、個別に写真の所有者と連絡を取る必要がありました。

写真の著作権を簡単に設定できることによって、写真好きの方は簡単に他の人
に自分の撮った写真を使ってもらうことができ、写真を使用したいユーザーは
簡単に写真素材を探すことが可能になります。

『フォト蔵』は、写真を撮るのが好きな人のみならず、写真を見るのが好きな
人にも楽しんでいただける、日本最大の写真共有サイトを目指しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
+ 関連URL

- フォト蔵
(リンク »)

- フォト蔵キャプチャ(ご自由にお使いください。)
(リンク »)
(リンク »)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
+ 会社概要

- ウノウ株式会社
(リンク »)
資本金 :3,000万円
代表者 :代表取締役 山田進太郎 石川篤
設立 :2001年8月1日
事業内容:インターネットメディアの企画・開発・運営

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
+ 問い合わせ先

ウノウ株式会社 広報事務局 担当者:有地(ありち)
[TEL] 03-5728-2182 [FAX] 03-5728-2183
[Mail] info@unoh.net [URL] (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウノウ株式会社の関連情報

ウノウ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!