異常発生時に自動で携帯へメール!「社内サーバ遠隔監視ソリューション」の提供開始

~ 24時間365日自動監視でサーバ管理コストを削減 ~

ファボック株式会社 2006年03月09日

首都圏で法人向けIT管理者代行事業を行う、株式会社ITマネージャー(東京 中野区:森下広一社長)は、3月9日より社内サーバの遠隔監視ソリューションの提供を開始します。

レンタルサーバ、ホスティングでは当たり前となっているサーバの稼動監視サービス。
しかし、社内サーバ向けのサービスがない。
職場内に設置しているサーバを同じように誰かが代わりに監視をしてくれたら…。
今や職場にサーバを導入しているのは当然の環境になっておりますが、十分な稼動監視体制を導入している会社は多くはありません。業務を止めないようサーバの稼動状態を常に監視することは非常に重要なことでありますが、管理者がいない、もしくは管理者がいても日々の業務に追われて十分な監視が行なわれていないのが実情ではないでしょうか。
そこで、ネット経由でサーバの稼動状態を定期的に監視し、異常が発生した場合は、速やかにお客様に通知するソリューションを提供することにいたしました。

このプレスリリースの付帯情報

サービスイメージ図

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ファボック株式会社の関連情報

ファボック株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR