顧客満足度No.1 * のWebアプリケーションサーバの パートナー支援プログラム「WebOTX WORKS」を開始

自社製アプリケーションサーバ「WebOTX」の販売強化、 シェア拡大を図るための新パートナー支援プログラム 「WebOTX WORKS」を6月1日より開始

日本電気株式会社 ITプラットフォームビジネスユニット 2006年06月05日

日本電気株式会社(以下、NEC)は、
自社製アプリケーションサーバ「WebOTX」の販売強化、シェア拡大を図るために
新たにパートナー支援プログラム「WebOTX WORKS」を
6月1日より開始いたしました。
新施策は、主に独立系ソフトウェアベンダー(ISV)を対象としており、
ビジネスパートナーとなるISVを技術面・営業面から支援いたします。

 NECでは、これまでビジネスパートナーの支援施策として
「パートナープログラムforソフトウェア」を提供しておりましたが、
今回はこれを製品別プログラムとして展開するものです。
WebOTXをアプリケーションサーバとして採用するパートナーに対して
開発ライセンス・検証/評価環境の提供、最新技術情報の提供、
プロモーション支援を行います。
これにより、ISVが有するパッケージ製品へミドルウェア(Java実行基盤)としての
WebOTXの採用を促進し、2年間で100社のパートナー獲得を目指します。
(「WebOTX WORKS」加盟は無償)

 パートナー支援プログラム「WebOTX WORKS」の内容は以下の通りです。

1.パートナー向け開発用ライセンス、検証、評価環境を無償で提供
 ・パートナー向け限定ライセンスとして、開発用ライセンスを提供
  ライセンスを無償で提供し、パートナーはパッケージ製品の開発・
  検証・評価、デモンストレーション、社員教育に使用できる。
  製品サポートにおいても無償で提供
 ・検証、評価環境の提供
  検証施設「プラットフォームイノベーションセンター」
  (旧称:iBestSolutionsCenter)を無償で使用可能
  同センターには各種サーバ・ストレージ・ネットワーク機器が設置されており
  パートナーのデモンストレーション等にも活用

2.最新情報の提供
 ・パートナー向けメールマガジンの発行
  毎月1回、最新技術情報、キャンペーン・セミナー等の販促情報を提供
 ・パートナー向けセミナーの開催
  WebOTXの新製品情報やNECが扱う関連製品情報を提供

3.プロモーション支援
 ・パートナー専用問い合わせメーリングリストの開設
  技術面・営業面の問い合わせ用に対応
 ・パートナーソリューション紹介サイトの開設
  WebOTXホームページにパートナー対応ソリューションの紹介及び
  コンタクト先を掲載

【WebOTX HP: (リンク ») 】

 ・共同プロモーション
  パートナーが提供するWebOTX対応ソリューションについて、
  パートナーの要望に応じ、セミナー開催、施設提供、集客支援、
  NEC関連部門との仲介等の支援


「WebOTX」について
WebOTXとは 拡張性に優れた業務システム構築を実現する
顧客満足度 No.1 * のJ2EE対応アプリケーションサーバです。
コストパフォーマンスに優れた小規模モデルから
システムの安定稼動を実現する高信頼な大規模モデルまで、
長期に渡って安心いただける万全のサポートとあわせて、
企業システムのインフラとして最適なミドルウェア製品です。

 NECでは、サービス指向アーキテクチャ(SOA)による
システム構築のための基盤製品群ActiveGlobe Process Convergence
を提供しており、WebOTXはその中核となる製品です。
本年度上期にはEnterprise Service BUS(ESB)機能を提供し、
今後もSOAによる堅牢で柔軟な業務システムを実現するための
製品強化を継続して参ります。

*:日経コンピュータ(2005年8月8日号)
  第10回顧客満足度調査において、
Webアプリケーション・サーバー部門顧客満足度No.1を
  獲得しています。

■本件に関するお問い合わせ先
 日本電気株式会社 第二システムソフトウェア事業部
 E-mail: info@cced.jp.nec.com TEL: 03-3456-5692

■プレスお問い合わせ先
 日本電気株式会社 ITプラットフォーム企画本部
 E-mail: press@swbu.jp.nec.com TEL: 03-3456-0596 
 担当: 澁谷、大山

------------------<別紙>---------------------------------

パートナー支援プログラム「WebOTX WORKS」設立に際して、
アイウェイ・ソフトウェア日本支社様、株式会社アシスト様、
ウイングアークテクノロジーズ株式会社様、
株式会社カイエンシステム開発様、トアーシステム株式会社様、
日本ビジネスコンピューター株式会社様、マイルストーン株式会社様、
マイクロフォーカス株式会社様より、
以下のエンドースメントをいただいております。(掲載 社名50音順)


 アダプタ業界のリーディング企業である
アイウェイ・ソフトウェア日本支社では、日本電気株式会社様の
高機能アプリケーション・サーバ「WebOTX」と
他社アプリケーションやレガシーシステム等との連携を実現する
250種類以上のiWayアダプタを提供しております。
両社の製品のスムーズな連携により、昨今顧客企業において
課題となっている複数の企業システムの連携や統合に、
投資対効果の高く現実的なソリューションをご提供できるものと
確信しております。
 弊社ではこのたびの「WebOTX WORKS」パートナープログラムの開設を
大いに歓迎し、日本電気株式会社様にiWayアダプタを展開していくための
強力なパートナーになっていただきたいと考えております。

アイウェイ・ソフトウェア日本支社長 
佐藤 高志様


 株式会社アシストは、このたびの「WebOTX WORKS」開設の発表を
心より歓迎いたします。
 弊社では、企業の現場力向上のための情報活用の仕組み
「オペレーショナルBI」を実現するWebレポーティング・ツール
「WebFOCUS」の販売、サポートを通じ、お客様企業における情報活用を
支援しております。「WebFOCUS」と高性能アプリケーション・サーバ
「WebOTX」との連携により、高い信頼性、可用性、パフォーマンスを兼ね備え、
投資対効果の高い情報活用基盤をより多くのお客様にご利用いただけることを
期待しております。
 今後も日本電気株式会社様との強力なパートナーシップのもと、
市場の拡大を目指して参ります。

株式会社アシスト 取締役 情報活用支援事業部長
大塚 辰男様


 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、このたびの
日本電気株式会社のJavaアプリケーションサーバ「WebOTX」のパートナー向け
支援プログラム「WebOTX WORKS」設立を歓迎いたします。
このたびの取り組みにより、
ウイングアークテクノロジーズの帳票開発ツール「Super Visual Formade(SVF)」、
帳票運用管理ツール「Report Director Enterprise(RDE)」を中心に、
基幹系帳票運用で求められるオープンな基盤ソリューションをさらに充実させ、
ミッションクリティカルなシステム構築に貢献してまいります。
 ウイングアークテクノロジーズは、「WebOTX」との連携を通じて、
今後も信頼性の高い「価値あるソフトウエア」をお客様に提供してまいります。

ウイングアークテクノロジーズ株式会社 営業本部長
勝見 成久様


 今回の「WebOTX WORKS」設立に心より賛同いたします。
トータルコストが安く、顧客満足度No.1のWebOTXを採用することで、
投資収益率(ROI)向上が期待できると考えています。
弊社が開発・販売しているSFA/CRMシステム「BizMagicCRM」は、
中堅・中小企業様にご活用いただくべく投資費用を安く押さえ、
現場が真に使い易く、現場にメリットがあるシステムを目指しています。
今回、WebOTXをアプリケーションサーバとして採用することで、
お互いのシナジー効果により、ROIが一段と向上するものと確信しております。
是非、今後「WebOTX WORKS」の各プログラムをより一層充実されることを
期待しております。

株式会社カイエンシステム開発 
代表取締役 金子 一彦様


 トアーシステム株式会社は、この度のパートナー支援プログラム
「WebOTX WORKS」の設立を心より歓迎申し上げます。
 弊社はJAVAをベーシックテクノロジーとした、オープンプラットフォーム対応
ERP「SISnet i WebSolutions」シリーズと、人材派遣業向きバックオフィス業務支援
パッケージ「SISnet iⅡ Web 人材派遣」のプラットフォームとして
「WebOTX」を採用致しました。
製品はむろん、この度のパートナー支援プログラムが「日本発・東京発」である点を
高く評価し期待しております。
また、企業の基幹業務システムを提供する上で、安定性、コストダウンが図れる
「WebOTX」は、ユーザ企業の選択肢を大きく広げると確信しています。

トアーシステム株式会社 代表取締役 
坪内 光夫様

 NEC製アプリケーションサーバー製品「WebOTX」は、
小規模からエンタープライズ
まで、幅広いWeb業務システムの構築に定評があります。
JBCC製Web帳票印刷ソリューション「PrintPro for Web」は、
高速・高精度なWeb業務プリンティング環境を提供致します。
『WebOTX WORKS』により、両社ソリューションのコラボレーションが実現します。
今後リーズナブルなコストで信頼性の高いシステムを短期間に構築するインフラを、
お客様にお届けする協業体制が確立できることを期待しております。

日本ビジネスコンピューター株式会社
代表取締役社長 兼 ソフトウェア事業部長
山田 隆司様


 マイクロフォーカスは、NEC様のパートナー支援プログラム
「WebOTX WORKS」設立を歓迎いたします。
 マイクロフォーカスは、LinuxおよびWindowsプラットフォームでWebOTXと
MicroFocus製品による共同検証を行うなど、従来よりNEC様と良好な
パートナーシップを築いてまいりました。
引き続き新製品やUNIXプラットフォームでも共同検証を予定しており、
COBOL/J2EE連携によるCOBOL資産活用の新たなソリューションをご提供すべく、
「WebOTX WORKS」パートナーとしてNEC様との協力体制を強化してまいります。

マイクロフォーカス株式会社 代表取締役
田島 裕史様


 「WebOTX WORKS」設立を歓迎します。
弊社のコストパフォーマンスに優れたOLAPツール「MSデータスタジオ@WEB」 では、
従来実行基盤としてフリーソフトを使用していましたが、
充実したサポート体制や最高水準の投資対効果を実現するWebOTXを採用します。
今後は「WebOTX」と「MSデータスタジオ@WEB」 の一層のコラボレーションを図り、
より多くのお客様に安心・安全なサービスを提供するためにも、
「WebOTX WORKS」は重要な役割を果たすものと確信しております。

マイルストーン株式会社 MSDS事業部長
須田 修司様

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR