エリクソンのモバイルTV ソリューションをセルコムが選定

エリクソン・ジャパン株式会社 2006年06月23日

*本件は、2006年6月21日に欧州で発表されたプレス・リリースの翻訳です。

マレーシアのセルコム社 (Celcom (Malaysia) Berhad ) は、3Gサービス製品を更に強化するため、エリクソンのモバイルTV とビデオのソリューションに関する契約を締結しました。

エリクソンはコンバージェント・ストリーミング・ソリューションを提供・統合し、セルコム社にパケット交換および回線交換のモバイルTV向けシングル・プラットフォームを提供します。

チャンネル・セレクタにより、キーパッド上の数字を押すだけでチャンネルをすぐ切り替えることができ、携帯電話をインタラクティブなリモコンとして簡単に使用できるようになります。チャンネル・セレクタは従来のテレビ用リモコンと同じような働きをするので、ユーザは各自の携帯電話でテレビ番組を選択し、テレビと同じような感覚が味わえます。

このソリューションを導入することで、セルコム社は双方向モバイルTVサービスを提供できるようになり、ユーザは各自の携帯電話で表示されるテレビ番組に参加できるようになります。セルコム社のユーザは自分が選んだテレビ番組を観ながら、投票したり、テレビキャスターとのチャットやコミュニケーションが楽しめるようになります。

また、このソリューションを導入することで 3G Pocketsports というサービスが利用できるようになります。最新のビデオ・ストリーミング技術を利用するこのサービスでは、ビデオ抽出およびビデオ・ハイライトによってスポーツ関連のビデオを見たり、共有したりすることができます。

Ericsson South East Asiaの社長兼Ericsson マレーシアの社長であるJan Signellは次のように述べています。
「エリクソンのモバイルTVソリューションが3G製品の一環としてセルコム社に選ばれて光栄です。セルコムがユーザのモバイル・ライフスタイルを豊かにするサービスを提供できるようサポートいたします。」

エリクソンはモバイルTVとビデオの商用サービス向けにWCDMA および GSM/EDGEモバイル・ネットワークを利用した完全なエンドツーエンド・ソリューションを事業者に提供しています。現在もエリクソンの3Gモバイル技術によってサービス・プロバイダは高品質でコスト効率の高い携帯TVサービスが投入できるようになりました。

2005年末には、40社以上の事業者が、ユニキャストによるモバイル・ネットワーク上でモバイルTVの商用化を開始しています。モバイルTVが大衆向けのサービスとなることから、更にキャパシティを増やすためにMBMS (Multimedia Broadcast Multicast Services) などのモバイル・ネットワーク放送技術がモバイル・ネットワークに追加されます。

<セルコム社について>
セルコム社は現在マレーシアで最も経験豊富な、業界首位の携帯電話サービス会社で、加入者数は約700万人。同社のネットワーク・カバレッジは現在、マレーシアの人口密集地域で96%という最も広範囲にわたり、マレーシアで初めて3Gサービスを投入して最も広範囲にわたるGRPSおよび3Gのカバレッジを実現しています。セルコムは全世界にある299以上のネットワークにより119以上の国々で国際ローミング・サービスを提供しています。現在、マレーシアで019および013のアクセス・コードで利用できるポストペイド式およびプリペイド式の移動電話サービスを提供しています。セルコムについての詳しい情報は、 (リンク ») をご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?