アリエル・マルチスケジューラとSleipnirを連携するための専用プラグインを公開

高機能スケジュール管理ソフトと上級者向けタブブラウザの連携利用が可能に

アリエル・ネットワーク株式会社 2006年09月20日

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小松宏行、以下アリエル・ネットワーク)は、フェンリル株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:柏木泰幸、以下Fenrir & Co.)が提供する上級者向けインターネット閲覧ソフトSleipnir(スレイプニル、又はスレイプニール)にアリエル・マルチスケジューラを連携させるためのエアワン・プラグインを開発、本日より公開いたします。

【上級者向けブラウザSleipnirから、マルチスケジューラをワンクリックで呼び出し可能】
 今回、公開したSleipnir用エアワン・プラグインを使うことで、Sleipnirでインターネットブラウジング中に、手軽にマルチスケジューラの予定情報をSleipnirで確認することができ、Sleipnirとマルチスケジューラを連携させた利用が可能になります。
 アリエル・マルチスケジューラは、企業や組織の壁を越えて、セキュアに予定情報を共有することができる、新しいコンセプトの無料スケジュール管理ソフトです。強力なカスタマイズが可能なSleipnirと組み合わせて使っていただくことで、ITリテラシーの高い方のより効率の良いスケジュール管理を実現できると考えています。
 また、マルチスケジューラは、データをローカルに保存しているため、今後、Sleipnirユーザーの方が、オフライン時でも操作することが可能なPIMソフトとして利用いただけるように機能拡張することを予定しています。
 今後も、アリエル・ネットワークは、Fenrir & Co. とも緊密に連携を取りながら、双方の持つテクノロジーの持つメリットを最大限に生かしたアプリケーションの開発を行っていく予定です。

【エアワン・プラグインの利用方法】
 Sleipnir用エアワン・プラグインは、無料で配布を行います。
 Sleipnir及びマルチスケジューラも無料で利用することが可能ですので、利用希望者はSleipnir及びマルチスケジューラのインストールを行い、エアワン・プラグインを設定することで、二つのソフトを連携して利用することが可能です。
 また、有料のプロジェクト管理ソフトである、アリエル・プロジェクトAの利用者も、Sleipnir用エアワン・プラグインは利用することが可能です。

【ダウンロード方法】
■Sleipnir 2.47 のダウンロードはこちら
※エアワン・プラグインを利用するには 2.40 正式版以降の Sleipnir がインストールされている必要があります。
(リンク »)
http://タブブラウザ.jp/

■エアワン・プラグインのダウンロードはこちら
(リンク »)

■アリエル・マルチスケジューラのダウンロードはこちら
(リンク »)

用語解説

Fenrir & Co. について

機能とデザインを融合させたソフトウェア開発を行う Fenrir & Co. は2005年6月に設立されました。強力なカスタマイズとWindowsネイティブコードによる高速プラグインで機能拡張を実現したブラウザ「Sleipnir」及び、“ブラウザに乗り換える選択肢がある”ことの訴求を目的としたブラウザ「Grani(グラニ)」を提供しています。 “Software meets Design” (ソフトウェアがデザインに出会う) と“Software provides Happiness” (ソフトウェアがハピネスを提供する) をミッションに掲げ、快適なブラウジング環境の提供に向け、利便性や機能の向上に積極的に取り組み、ユーザー・エクスペリエンスの高いサービスの提供を行っています。 (リンク »)
アリエル・ネットワーク株式会社について

アリエル・ネットワーク株式会社は、空気のように意識せず使えるネットワーク・コンピューティングを実現させるべく、旧ロータス社の技術者を中心に2001年4月11日に日本で設立。
グリッドやP2Pなどの分散コンピューティング技術に着眼、ビジネスで活用できるレベルの分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発し、インターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を取得、送信する仕組みを提供している。
(リンク »)
エアワン・シリーズについて

アリエル・ネットワークが開発したクライアントソフト型の情報共有ソフトの総称。
自社開発したビジネスP2P技術により高度なセキュリティを実現しているため、ネットワーク環境を意識せずにインターネット経由でセキュアな情報共有を実現することができる上、高価なサーバーを購入する必要が無いため、小規模の組織やグループから手軽に情報共有を始めることができるなど、一般的なサーバー型のグループウェアでは難しかった新しい情報共有の実現を目指している。
有料版であるアリエル・プロジェクトAのほか、プロジェクトAのスケジュール管理機能を切り出した無料版のアリエル・マルチスケジューラがあり、ダウンロード実績は累計で20万件を超える(2006年5月実績)。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アリエル・ネットワーク株式会社の関連情報

アリエル・ネットワーク株式会社

アリエル・ネットワーク株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!