大人気“不思議のダンジョン”シリーズ「風来のシレン」Yahoo!ケータイ版に 新作S!アプリ「風来のシレン2」が登場 ダンジョン、モンスター、アイテムがパワーアップし10月18日より サービス開始

株式会社ドワンゴ/株式会社チュンソフト 2006年10月20日

株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林宏)は、株 式会社チュンソフト(東京都新宿区、代表取締役:中村光一)制作による“10 00回遊べる”大人気RPG(ロールプレイングゲーム)「風来のシレン」シリー ズを提供するYahoo!ケータイ向けサイト「風来のシレン1&2」内にて、全てが パワーアップしたシリーズ最新作のS!アプリ「風来のシレン2」を、10月18日 (水)よりサービス開始します。

   ■ 新機能も搭載!「風来のシレン2」S!アプリで参上!! ■

「風来のシレン」シリーズは、1995年にスーパーファミコン向けソフトとして
発売され、以降各ゲーム機にも移植された「1000回遊べる」人気ダンジョンRP
Gです。モバイル版は2004年より配信開始され、また本年12月14日には、ニン
テンドーDSにて最新作の発売も予定されています。
今回10月18日(水)よりサービス開始された、Yahoo!ケータイのS!アプリ対応
「不思議のダンジョン 風来のシレン2」は、「風来のシレン」シリーズの基
本システム、「1000回遊べるRPG」のキャッチフレーズである、入る度にMAPが
変わるシステムは健在のままに、ダンジョンのボリューム、モンスター数、ア
イテム数、ゲーム性の全てがパワーアップし、ダンジョン最大の難関「モンス
ターハウス」もより強力になりました。
他にも、数多いシリーズでも初の機能「キャラクター図鑑」も搭載。「合成シ
ステム」でアイテムを強化し、強敵モンスターや数々のワナを切り抜けて、ダ
ンジョンクリアとなる最下層を目指し、新たな冒険を始めましょう。

■ パワーアップしたモンスターの特殊攻撃やアイテムの数々
 ● 新たな特殊能力を使ってくるモンスターも新登場
  シレンのアイテムを呪うことで、アイテムを使用不可能にする『ノロージ
 ョ』や、大切なアイテムの一つをおにぎりに変えてしまう『にぎり変化』な
 ど、様々な特殊能力を使用してくるモンスターが多数登場します。

 ● 一歩入ればモンスターの大群が!脅威の「モンスターハウス」
  「風来のシレン」シリーズではお馴染みの「モンスターハウス」もより強
 力となって登場!部屋中に広がる無数のモンスターやワナを切り抜け、同時
 に部屋中に置かれている多数のアイテムも駆使して上手く次の階層へ進みま
 しょう。

 ● 進化した「アイテム合成システム」
  巻物を使用することで武器同士や盾同士を合成し強化できる「合成システ
 ム」 。今回は武器・盾の強さを示すプラス値だけでなく、アイテムの特殊
 能力である『印』、例えば「妖刀かまいたち」の特殊能力「3方向へ攻撃で
 きる」を、他の武器・盾へ合成させることができます。
 さらに、武器や盾だけでなく、腕輪同士の合成もできるので、数多くの合成
 パターンで、オリジナル最強武器を作ることも可能です。

・追加アイテム例: 呪いよけの盾/呪いの罠や、ノロージョの呪い攻撃を
                        防げる特殊能力を持つ盾。
      透視の腕輪:フロア内にいるモンスターの姿が見えるようにな
          る特殊能力を持つ腕輪。

■ 新機能、シレンキャラクターの魅力満載『キャラクター図鑑』

 登場キャラクターやモンスターのイラスト、解説が見れる『キャラクター図
鑑』が、S!アプリ版で新登場!ゲーム上とは一味違う、モンスターの魅力的
な全体イラストが見られます。
さらに、キャラクター毎の解説も閲覧可能で、中にはモンスターの攻略法が書
かれている場合もあるので、ダンジョン攻略には必見です。

-------------------------------------------------------------

■ 風来のシレンとは?
 プレイヤーは三度笠の主人公シレンとなり、行く手を阻むモンスターやワナ
をくぐり抜けながら、ゲームの舞台となるダンジョンを進んで行きます。シリ
ーズ最大の特徴である、入るたびに落ちている道具やフロアの地形が変化する
ダンジョンは、毎回違った展開を楽しめ、何度でも飽きることなく繰り返し遊
び続けることができ、多くのファンから支持される奥深いシステムです。また、
プレイヤーが1回行動すると敵も1回行動するターン制でのゲーム進行により、
ピンチの時でもじっくりと次の手を考え、プレイヤー毎に様々な戦略を作りだ
すことができます。

■ 「風来のシレン2」概要
 ● サイト名:「風来のシレン1&2」
 ● ゲーム名:「風来のシレン2」
 ● 配信開始日:2006年10月18日(水)
 ● 利用料金:従量課金:525円(税込)
 ● 対応端末:SoftBank 3G メガアプリ対応機種
   (端末詳細はサイトをご確認下さい)
 ● 配信:株式会社ドワンゴ
 ● 制作・運営:株式会社チュンソフト
 ● アクセス方法:[Yahoo!ケータイ]⇒[メニューリスト]
            ⇒[ケータイゲーム]⇒[ロールプレイング]
            ⇒[風来のシレン1&2]
 ◎「風来のシレン」シリーズは、iモード(R)「i風来のシレン」、EZweb「風
  来のシレンEZ」でも配信中。

● 一般からのお問い合わせ先:ユーザーサポート TEL:03-5643-8518
--------------------------------------------------------------
            株式会社ドワンゴについて
株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 宏)は、ゲ
ームや音楽をはじめとするエンタテインメント分野において、次世代ネットワ
ークコミュニケーションの創出を目指す、ネットワーク・エンタテインメント・
カンパニーです。ゲームシステムの開発、運用を通じて培った高度なネットワ
ーク技術と、エンタテインメント性を融合させた、良質なコンテンツを様々な
プラットフォーム向けに提供しています。 (リンク »)

           株式会社チュンソフトについて
株式会社チュンソフト(東京都新宿区、代表取締役:中村光一)は、家庭用ゲ
ーム市場の黎明期からの老舗ゲームソフト開発会社。1984 年の創業以来「ド
ラゴンクエスト」シリーズ〔発売元:株式会社エニックス(現:株式会社スク
ウェア・エニックス)〕、「風来のシレン」シリーズ、「トルネコの大冒険」
シリーズや「サウンドノベル」シリーズなど数々のヒット作品を開発・販売し
た実績を持ちます。最近では、株式会社ポケモンと共同で「ポケモン不思議の
ダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊」を開発、また携帯電話向けにコンテン
ツ提供を行うなど、よりエンタテインメント性を追求した事業展開を拡大して
います。 (リンク »)
-------------------------------------------------------------
          <報道関係のお問い合わせ先>
株式会社ドワンゴ 小野崎、佐々木 TEL:03-5649-7051 
                Email:dwango-pr@ml.dwango.co.jp
ドワンゴPR事務局:内海、北川、寺田 TEL:03-3401-7000 
                 E-Mail:dwango-pr@rd-j.com
画像素材および画像ご使用時のコピーライト表記等に関しましても、上記お問
い合わせ窓口までご連絡ください。
画像をご使用の際はコピーライトを表記してください。 
(c)2006 CHUNSOFT/すぎやまこういち
-----------------------------------------------------------
SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国における
ソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標ま
たは商標です。
「S!アプリ」はソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
「iモード」はNTTドコモの登録商標です。
「au」「EZweb」はそれぞれKDDI株式会社の登録商標、商標です。
「スーパーファミコン」「ニンテンドーDS」は任天堂株式会社の登録商標で
す。
「風来のシレン」は、株式会社チュンソフトの登録商標です。
各社の社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!