ネットサーチ株式会社 ケータイ産直システムをリリース

ネットサーチ株式会社、ケータイサイト制作ASP「Qstage」に ケータイ産直シリーズを追加しました。

ネットサーチ株式会社 2006年11月13日

リリース第一弾は「農産物ケータイ産直」。農産物の再注文がケータイサイトで簡単に行えます。 POP効果のあるサイトアクセス用の「再注文専用シール」3,000枚無料サービス中!!

【農産物ケータイ産直の特長】
●リピーターが確実に確保できる
農産物に限らずネット産直では、苦労して新規顧客を開拓するよりも、一度購入されたお客様をリピーターにすることが、着実に売り上げを伸ばす秘訣です。商品に貼付した「再注文専用シール」のQRコードをケータイで読み取るだけで、いつでもケータイで簡単・手軽に再注文できますから、リピーターを確実に確保することができます。

●注目度バツグンの再注文専用シール3,000枚付き
「再注文専用シール」3,000枚が無料で付いています。産直サイトのQRコードを印刷したシールですが、カラフルで、「ご注文はコチラ!」といったメッセージも表示することができます。注目度バツグンの目立つシールですから、商品やパッケージ、栞などに貼付すれば必ずお客様の目に留まり、リピート購入促進に大きな効果を発揮します。

●オプションの空メール機能でメール会員獲得
ケータイを使ったメール会員システムは、産直サイトの売り上げアップやリピーターの囲い込みに大きな力を発揮します。お客様にメール会員として登録してもらうには、オプションの空メール会員登録機能付き「メール配信システム」のご利用が、最も簡単で効率的です。 空メールで集めたメール会員向けに、定期的にメールマガジンを配信するとか、タイムリーな農産物情報やキャンペーン情報などを一斉配信することで、再注文の促進や顧客の定着化につながります。また、メール会員の年齢・性別などによって配信先を絞り込むことも可能ですから、きめ細かいメールマーケティングが行えます。今なら「無料モニター」としてご利用いただけます。

●サイト構築が簡単
難しい技術や専門知識は一切不要!
制作ページのフォームに従って、必要事項を入力するだけでOKです。
面倒なHTMLやCGIといった専門知識は、一切必要ありません。プロのデザイナーが作成した300種類以上の豊富なデザインを選択し、Webページに表示したいコメントや商品写真などを、ガイダンスに基づいて入力するだけで、高品質でキレイなページが完成します。
どのように表示されるかを、プレビュー画面で確認しながら編集できるので、どなたでも簡単に制作できます。

●運用が簡単
ASP方式なので、専用ハードやソフトは一切不要です。
パソコンとインターネット環境さえあれば、すぐにケータイサイトのオーナーになれます。

●ページ更新が簡単
コンテンツの入れ替えや画像の変更などは、専用ページで簡単・スピーディーに行えます。
季節や催事に合わせたコンテンツ展開など、スピーディーでタイミングの良いアクションに対応できる設計になっています。

●マルチキャリア対応
DoCoMo、au、SOFTBANKの3キャリア端末で閲覧できるようなシステムを取り入れています。
キャリアごとにページを用意する手間と費用が省略できます。

●用途に合わせた専用サイトをご用意
今後、ケータイ産直シリーズとして海産物、地酒、土産物(加工食品)などの専用システムを リリース予定です。

※2週間の無料体験サービスをご用意しておりますので是非お試し下さい。

【本件の連絡先】
ネットサーチ株式会社
担当者:河野昭彦
Tel 06-6766-3393
E-mail: sales@nt-s.ne.jp
URL: (リンク »)
〒543-0011 大阪市天王寺区上本町 1-2-4

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットサーチ株式会社の関連情報

ネットサーチ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?