日本発の動画広告ネットワーク『Advision』を2007年1月より提供開始

株式会社アドウェイズ 2006年11月15日

PC向けアフィリエイト広告サービス「JANet」(ジャネット)、モバイル向けアフィリエイト広告サービス「Smart-C」(スマート・シー)を運営する株式会社アドウェイズ(代表:岡村陽久、本社:東京都新宿区)は、新しい広告サービスとして2007年1月中旬より、PC・モバイル両方に対応した日本発の動画広告ネットワーク「Advision」の配信を開始いたします。

Advisionにおいては、下記の二つの広告配信方式を想定しています。二つの広告配信方式を採用することで、広告主様のニーズに合わせて広範な広告展開が可能となっています。

(1)CM型広告配信方式
CM型広告配信方式とは、Youtubeのような動画共有サイトをネットワーク化し、投稿された動画にCMとして動画広告を配信する方式です。
急激にインターネットユーザーの利用者数を獲得している動画共有サイトをネットワーク化することにより、多数の投稿動画に同時に広告配信を行うことが可能となっております。
急速に利用者を増やしている動画共有サイトの投稿動画に対してCM配信を行うことで、視聴者が減少傾向にあるテレビCMにおいてのリーチを補完することにも繋がります。また、配信されるCM動画は、インターネットの特性を生かし、CM動画の配信画面をクリックできるようにすることで、テレビCMでは得られなかったダイレクトなレスポンスや、ユーザーが投稿した動画が複数のウェブサイトにリンクを貼られることによるバイラル効果も期待できます。
  
(2)バナー型広告配信方式
バナー型広告配信方式とは、ユーザーが広告画像下部に設置された再生ボタンまたは広告画像をクリックすると、広告スペース内で動画広告が再生される仕組みの広告配信方式です。さらに動画広告再生中に動画広告の画面をクリックすると、広告主様のウェブサイトが表示されます。ユーザーは自由に音量を調節したり、動画を繰り返し再生することもできます。 また、第3世代以降の携帯末端において、NTT DoCoMo、au、ソフトバンクモバイルの3キャリアに対応しており、モバイルインターネット上での広告配信も可能です。
バナー型広告配信方式で動画広告を利用することによる最大のメリットは、静止画像では表現が難しかったサービスのプロモーションが可能となることです。動画広告を見ることで、ユーザーは商品の具体的イメージを受けとることができ、広告主様は効果の高い広告効果を得ることができます。

■ ネットワーク型の広告配信によるメリット
今まで動画広告を配信することが出来たメディアは、TV・動画配信サイト・大手ポータルサイトなど大型メディアに限られていましたが、Advisionでは、アドウェイズのPCアフィリエイトサービス「JANet」の約98,000のメディアとモバイルアフィリエイトサービス「Smart-C」の約30,000のメディアネットワークリソースを利用することができます。このため、Advisionを利用することで、メディア規模に関わらずより多くのメディアへの広告配信が可能となりました。
Advisionが対象としている広告主様は、オンラインゲーム・金融系・美容クライアント・エンターテイメント・飲料系・雑誌などに加え、今までアフィリエイトなどのアドネットワークサービスを利用していなかった広告主様にも広くご活用いただけるサービスとなります。

━━━━━株式会社アドウェイズ 会社概要━━━━━━━

社名   :株式会社アドウェイズ (リンク »)
本社所在地:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー4F
代表者  :岡村陽久
事業内容 :インターネット広告事業
主にアフィリエイト広告とモバイル広告の企画、開発、運営

━本リリースに関するお問い合わせ━━━━━━━━━━━
株式会社アドウェイズ 
担当者:ビジネスディベロップメントグループ
モバイルーム  前田
TEL :03-5339-7197
連絡先: support@smart-c.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR