日本最大級のサッカー・フットサルコミュニティ『サッカーSNS』おいて、 フットサルコートの総合予約サービスを開始

株式会社ラクシーズ 2006年11月29日

ラクシーズ、日本最大級のサッカー・フットサルコミュニティ『サッカーSNS』おいて、 フットサルコートの総合予約サービスを開始

株式会社ラクシーズ(東京都港区、代表取締役社長:間瀬佳昭)は、
同社が運営するサッカー・フットサルに特化したSNS、『サッカーSNS』において、
2006年11月29日より、フットサルコート総合予約を開始いたします。

■サービス名 : サッカーSNSフットサルコート総合予約
■URL :  (リンク »)

■概要
この度リリースする『サッカーSNSフットサルコート総合予約』は、
複数のフットサル施設の空き情報を横断的に検索し、予約できるサービスです。
当サービスを利用することにより、利用者はパソコンや携帯電話を利用して、
複数の施設の空き情報を一括で確認でき、簡単に予約することが可能となるため、
これまで手間のかかっていたコート探しの作業が、大幅に軽減されます。
また、フットサル施設にとっても、サッカーSNSの既存ユーザーを含めた
当サービス経由での集客が見込めると共に、
予約受付業務の自動化が可能であるため、大きな効果が期待できます。

『サッカーSNS』では多くのユーザーより、
非常にアナログ的かつ施設本位で不便な現在のフットサル施設予約を
改善する仕組みを提供して欲しいとの声が寄せられたこともあり、
多くのフットサル施設と交渉を進め、この度のリリースにいたりました。
これまで旅行やゴルフなどの他の業界では、
大手インターネット企業が運営する総合予約サービスが存在し、多くの方が利用しておりますが、
フットサル業界では、同様のサービスがなく、業界初の試みとなります。

今後同社は、更に多くのフットサル施設へ参加を呼びかけるとともに、
フットサルコート総合予約による利用者の利便性の向上及び
フットサル施設への集客面での貢献を図ります。
また、SNSの特徴を活かして利用者間の交流促進を図るなど、
ネットとリアルの両面でサッカー・フットサルに関わる人々に役立つサービスを展開してまいります。


■参考資料(サービス画面キャプチャなど)
(リンク »)

■サッカーSNSについて
『サッカーSNS』( (リンク ») )は、SNSやBlogなどを組み合わせた、
サッカー・フットサルファン(サポーターとプレイヤー)のためのSNSであり、
日本最大級のサッカー・フットサルコミュニティサイトです。
SNSの特徴を活かし、サポーター同士やプレイヤー同士での
コミュニケーションが可能なだけでなく、サッカー・フットサルチームの「対戦相手募集」や
「メンバー募集」などのリアルな活動とつながり、それをサポートする機能を有しています。
「サッカー・フットサル」というテーマに特化し、
「サポーター向け」、「プレイヤー向け」、「通常のSNS」に機能を分類して提供していることが特徴です。


――――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社ラクシーズ 会社概要
2005年4月設立。資本金500万円。従業員数2名。
「サッカーSNS」( (リンク ») )、の他に、
「野球SNS」( (リンク ») )、
「ラクシーファッション」( (リンク ») )を運営。

所在地:東京都港区北青山1-3-3 三橋ビル5F
代表取締役社長:間瀬 佳昭
URL:  (リンク »)
――――――――――――――――――――――――――――――

【本件に関するお問い合わせ先】
Tel: 03-3401-7530  Mobile: 090-8050-6473  E-mail: info@luxeys.com
担当者:間瀬 佳昭(マセ ヨシアキ)

※ 本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ラクシーズの関連情報

株式会社ラクシーズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?