12月4日(月)より、無料メールポータル「ニワンゴ」で、 書籍と連動した渡辺浩弐氏の小説「ィキル2.0」を配信開始 同日発売の書籍「ィキル」(講談社BOX刊)のアナザーストーリーが 書き下ろしで登場

株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ 2006年12月04日

株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役:杉本誠司)と株式会 社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林宏)が共同事業で提 供している無料メールポータル「ニワンゴ」(サービス名称:以下「ニワンゴ」 )では、12月4日(月)に講談社BOXから発売される渡辺浩弐氏の小説「ィキル」 と連動したアナザーストーリーになる「ィキル2.0」を、12月4日(月)から配 信開始します。

■ 書籍と連動した渡辺浩弐氏の書き下ろし小説「ィキル2.0」を配信 ■

 メールの送受信で乗換、天気、ニュースなどの知りたい情報を検索したり、
携帯ゲームブックなどのエンターテイメントコンテンツを提供する無料メール
ポータル「ニワンゴ」では、既に人気コンテンツとして多数の小説作品を配信
しており、その多くは十数通のメールのやり取りで読むことのできる短編作品
です。
 今回配信される「ィキル2.0」は、全部で100通を超えるメールで展開され、
さらに物語の進行にあわせて、7日間に渡って読み進めることになります。物
語の中では、ユーザーからのキーワードの返信を求められる場面もあり、ユー
ザーは物語の世界に本当に参加しているかのような臨場感を味わえます。
 本作「ィキル2.0」は、作家渡辺浩弐氏の書き下ろし作品であり、12月4日
(月)に講談社BOXから発売される同氏の小説「iKILL ィキル」と共通の世界
観の中で展開されるアナザーストーリーです。読者は、本とメール小説の両方
の物語を通じて、より深く物語の世界に入り込むことができます。

●物語紹介
 殺したい人間を提案し、読んだ人々がメールを返信し「投票」することで、
その提案が受理され殺害が可能になるという「i-KILL(ィキル)ネット」
システム。システムを操る「オタキリ」と名乗る人物が多くの人間を動かし、
対象者を追い詰め、「殺害の手はず」を整えていく。死を待つだけの状態にな
った対象者とメールのやりとりをしていくうち、傍観者だったはずの貴方は思
いもかけない事実を知らされる……。

●「ィキル2.0」の遊び方
 携帯電話のメーラーを立ち上げ、[m@niwango.jp]宛に、本文に「イキル」と
だけ書いて送信してください。
※ ドメイン指定受信の設定をしている方は「wango.jp」からのメールを受け
  取れる設定にしてください。

●渡辺浩弐プロフィール
 株式会社GTV・代表取締役。作家。小説の他、マンガ、アニメ、ゲームの原
作を手がける。1962年生。福岡県福岡市出身。早稲田大学第一文学部卒。早稲
田大学大学院(国際情報通信研究科)非常勤講師。著作に「1999年のゲーム・
キッズ」「プラトニックチェーン」など。
GTVNET  (リンク »)

●対応機種
NTT DoCoMo/Softbank/au(Tu-Ka)/WILLCOM のメール機能対応機種
※ 一部端末ではご利用いただけない場合があります。また受信文字数の制限
  により閲覧が困難な場合があります。
※ サービスご利用前に、ユーザー登録(無料)が必要です。
※ 多量のメールを送受信するので、パケット定額サービスへの加入を推奨し
  ます。

■「iKILL ィキル」紹介
発 売 日:12月4日(月)
価  格:1,365円(税込)
発 売 元:講談社BOX

謎の暗殺者・小田切明が仕掛ける終わりのない残虐遊戯。
「急ぐかい、ゆっくりやるかい」
…イキルためには、キルしかない-。

-------------------------------------------------------
           株式会社ニワンゴについて
株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役:杉本誠司)は、エンド
ユーザーと親和性の高いメールを使用した、各種検索サービス、エンタテイン
メントサービスの提供を行っています。  (リンク »)
-------------------------------------------------------
           株式会社ドワンゴについて
株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林宏)は、ゲー
ムや音楽をはじめとするエンタテインメント分野において、次世代ネットワー
クコミュニケーションの創出を目指す、ネットワーク・エンタテインメント・
カンパニーです。ゲームシステムの開発、運用を通じて培った高度なネットワ
ーク技術と、エンタテインメント性を融合させた、良質なコンテンツを様々な
プラットフォーム向けに提供しています。 (リンク »)
-------------------------------------------------------
         <報道関係のお問い合わせ先>
株式会社ニワンゴ info@niwango.co.jp
株式会社ドワンゴ 小野崎、佐々木 TEL:03-5649-7051 
                E-mail:dwango-pr@dwango.co.jp
ドワンゴPR事務局:内海、北川、寺田 TEL:03-3401-7000 
                 E-mail:dwango-pr@rd-j.com
画像素材および画像ご使用時のコピーライト表記等に関しましても、上記お問
い合わせ窓口までご連絡ください。
画像をご使用の際はコピーライト表記をお願いします。
(c) 2006 niwango inc.
-------------------------------------------------------
「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
「WILLCOM」は株式会社ウィルコムの登録商標です。
各社の社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!