アッカ・ネットワークスとカテナ 通信インフラと情報システムを組み合わせたソリューションの開発/販売で協業

まずは緊急地震速報のリアルタイム配信を低コストで実現する防災ソリュー ションを開発

株式会社アッカ・ネットワークス/カテナ株式会社 2006年12月05日

株式会社アッカ・ネットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:
坂田好男、以下アッカ)とカテナ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役
:平本謹一、以下カテナ)は協業し、企業向けブロードバンドネットワークと
して高い信頼性と低価格を実現するVPN(仮想専用通信網)サービス「Catenet
IP-VPN (カテネット アイピーブイピーエヌ)」を共同開発しました。
「Catenet IP-VPN」は、企業向けの専用通信サービスとして2006年12月1日よ
り販売を開始するほか、カテナが開発/販売する多彩な情報システムと組み合
わせ、通信インフラからソフトウェア、ハードウェアまでワンストップでの提
供を可能とする新ソリューションを開発し、販売展開を行います。

まずは、カテナが提供している「緊急地震速報システム」と「Catenet IP-VPN」
を組み合わせて、緊急時にも安定した警報の即時発信を可能とするM2M(*1)
ソリューションのワンストップサービスを、2006年12月1日より販売開始しま
す。

「緊急地震速報システム」は、気象庁から配信される緊急地震情報に基づき、
大きな揺れが到達する前に、予測される震度と到達時間を利用者に即時お知ら
せするサービスです。このサービスを活用することで、地震到達前に全館放送
や警告灯での信号発信により避難を促すことが可能となります。一方、この地
震速報を配信する通信手段として、インターネットは災害時に輻輳(回線の混
雑)を引き起こし情報伝達に遅延が発生する可能性があるため不適であり、従
来は利用企業/団体が独自に専用通信網の構築を手配する必要がありました。

今回、カテナはアッカと協業することにより、企業向け専用通信サービスとし
て開発した「Catenet IP-VPN」を「緊急地震速報システム」と組み合わせて、
ASPサービス(ネットワークを通じたレンタル提供形態)として低価格に提供
することが可能となります。通信インフラ、情報システム、機器などの手配、
構築、トラブル対応をまとめてカテナがワンストップで提供するため、利用者
の導入・運用負担は大幅に軽減されます。

≪緊急地震速報システム + Catenet IP-VPN のサービスイメージ図≫
 ※ (リンク ») を参照ください。

本ソリューションは地震という自然災害による人的被害や経済的損害を軽減す
ることが可能となるため、幅広い業種/業態で導入効果が期待できます。また、
地方自治体や製造工場、建設現場、不動産管理会社、小売店舗などにおいて
は、災害を最小限に抑えることが社会的責任でもあるため、特に高いニーズが
見込まれます。本ソリューションは既に地方自治体や大手損害保険会社などへ
の導入が決定しており、今後はさらなる拡販を進めてまいります。

アッカは通信サービスの販路拡大を目的として、100%出資子会社の株式会社
アッカ・ソリューションズでパートナプログラムを展開しています。このパ
ートナプログラムでは、アッカのアクセス回線や中継網などをニーズに応じて
自由に組み合わせることが可能な「アッカソリューションプラットフォーム
(*2)」の提供や、ネットワークの保守・運用に必要なノウハウを提供して
います。さらに、通信事業者以外の提携パートナに対しては、電気通信事業
者免許を取得する際の支援プログラムを行っています。

カテナは今回の協業により、アッカ・ソリューションズの「バリューパート
ナ」となって、パートナプログラムによる支援のもとに第二種電気通信事業
者免許を取得し、「Catenet IP-VPN」や「緊急地震速報システム」のASPサー
ビスをアッカと共同開発しました。カテナでは今後、「緊急地震速報システ
ム」以外にもソリューション展開している各種防災システムや、その他の流
通、金融など幅広い情報システムにおいて、「Catenet IP-VPN」をワンスト
ップで提供するサービス展開を進め、ユーザの利便性とコストパフォーマン
スを高めることで、「Catenet IP-VPN」の初年度販売回線数を300回線と見
込んでいます。

さらに、カテナはこのたび、アッカはじめ株式会社ウィルコム、マイクロソ
フト株式会社が発起人となり設立した「M2Mコンソーシアム(*3)」に加盟し
ます。「M2Mコンソーシアム」で幅広い参加企業とともに実験や開発を進め
ることで、「緊急地震速報システム」に関しても地震速報データを活用した
エレベータや非常扉の自動制御、製造機械や工作機械の緊急停止、電気やガ
スの元栓遮断など、より防災効果の高いM2Mソリューションの実現を目指し
ます。


≪緊急地震速報システム + Catenet IP-VPN の特徴≫

①緊急時にも確実に警報を即時発信する信頼性

地震速報のデータを配信するカテナのデータセンタと利用企業/団体とを、
閉域ネットワークである「Catenet IP-VPN」で接続します。この通信網に
よって、インターネットを介さずに地震速報を配信することが可能となる
ため、インターネット障害が起こりやすい災害時にも安定的に迅速な警報
発信が行えます。

「Catenet IP-VPN」は企業向けブロードバンド回線で実績の多いアッカの
ADSLおよび光回線を利用するため、セキュリティや保守体制も万全であり、
緊急時に安心して利用できる帯域保証付きの回線を選択することも可能で
す。

②低額な利用料金

従来のようにユーザが通信インフラと情報システムを別々に用意する必要
がなく、またデータサーバやアプリケーションはASPサービスとしてレンタ
ル利用することができるため、従来は導入に数百万から数千万円が必要で
あった防災システムを、極めて安価な初期投資費用で導入することが可能
となります。

■参考料金 : 月額12,500円~ (1拠点あたりの緊急地震速報配信料金)
※ 警告灯やPCなどの機器類は別途。必要に応じてリースなども可能。
※ ネットワーク料金は別途。後掲「Catenet IP-VPN 単体でのサービス
メニュー」参照。

③面倒なシステム管理を軽減
地震情報はカテナのデータセンタにて管理され、ネットワークを通じて利
用企業/団体に配信されます。このため、ユーザ側でのサーバ設置や保守な
どは基本不要となり、システム管理者やITマネジャといった人員を持たな
い企業/団体でも簡単に導入し利用することができます。
※クライアントPCへの専用ソフトのインストールは必要となります。

≪緊急地震速報システム + Catenet IP-VPN のサービスイメージ図≫
 ※ (リンク ») を参照ください。

用語解説

*1 「M2M」
「Machine to Machine」の略であり、「機械」と「機械」の通信及び通信
を利用したサービスです。コンピュータやプリンタをはじめ、POS、自動販
売機、カメラ、RFID、センサ、空調、照明、エレベータ、ロボット、工作
機械、ガスメータ、家電、自動車などあらゆる電子化された機械が対象と
なります。これらの機械を通信ネットワークでつなぎ、遠隔監視、遠隔制
御、データの自動取得・管理・効率利用などを可能とします。

*2 「アッカソリューションプラットフォーム」
アクセス回線と中継ネットワークおよび基盤アプリケーションからなるサ
ービスメニューです。ネットワークの使用量や用途などに合わせて、適材
適所にADSLや光、無線などのアクセス回線を選択し、Ethernetベースある
いはIPベースの中継ネットワークや基盤アプリケーションをカスタマイズ
してパートナ企業に提供します。パートナ企業は低コストな企業向けネッ
トワークサービスを自社サービスや機器と組み合わせて、ワンストップで
提供する利便性の高いITソリューションの開発が可能となります。詳しく
は、アッカ・ソリューションズのホームページ
( (リンク ») )を参照ください。

*3 「M2Mコンソーシアム」
M2Mに関連した企業/団体が連携して情報や技術を持ち寄り、相互接続性を
確認しつつ、解決すべき課題を具体的に導き出して市場開発を進めていく
連合体です。2006年11月現在、参加メンバーは30企業/団体になります。
詳しくは、M2Mコンソーシアムのホームページ
( (リンク ») )を参照ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR