世界初!携帯電話やバックにつけるだけで世界中の人々とのコミュニケーションを可能にする携帯グッズ!! 世界スタンダード『プロフホルダー』発売 慶応大学1年生3人組がベンチャー企業を設立して挑戦!

株式会社サムリー 2006年12月25日

株式会社サムリー(神奈川県横浜市 代表取締役社長 松村昌哉)は新SNSとハードウエアの開始および発売をしました。(特許申請中)

製品構成はおおまかに3つで成り立っています。

1.プロフホルダー(キーホルダー)
2.アピールワードシール(SNSと連動)
3.プロホルの輪(SNS)

1.について
6つのパーツの色を8色の中から選ぶことで自分のプロフィールをストラップで表現できます。

2.ついて
プロフホルダーの付属品でプロホルの輪(SNS)で自分を検索してもらう際に使います。自分だけのアピールワード(キーワード)を登録して、書き込み、周りにくばるものです。

3.について
ネット上の専用サイト
プロフホルダーから生まれた無料のSNSです。アピールワードシールをもらった人やプロフホルダー購入者が交流する場所です。
(詳しい製品説明はプロホルの輪で御紹介しています)

3つの製品が組み合わさりプロフホルダーが構成されています。SNSとハードウエアと連動させバーチャルな世界と現実の世界をつなげる世界で始めてのグッズです。

プロフホルダーは3つの思いを込めています。
1つ目
人と人とがつながる(人と人との温かいつながりを皆さんに再認識してもらうこと)
2つ目
バーチャルと現実がつながる(インターネットなどのバーチャルの世界と現実の日常生活をSNSとプロフホルダーでつなげること)
3つ目
世界がつながる(プロホル基金によって皆さんの力をあわせ世界平和に貢献することで世界がつながること)
多くの持っていただくことで『3つのつながる』を実現させたいです

発売にあたり私、松村は現在、慶応大学1年生ですが
営業活動を通して世界平和に貢献することを大義としたベンチャー企業文化の波の先駆者となる理念のもと同じ1年生2人と株式会社サムリーを設立しました。この製品を販売し、1人でも多くの人にプロフホルダーにこめられた思いに共感し持ってもらうため、学生の中からプロホルの輪を広めていきたいと思います。

株式会社サムリー  (リンク »)

プロホルの輪  (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

プロフホルダー製品一式

用語解説

プロホル基金 プロホル基金はプロホルの理念を共感して頂いた方々からの寄付金に加え、プロフホルダーが1個売れるごとに50円づつ殖えていく基金です。プロホルの人々のコミュニケーションを助け、つながるという理念から世界平和の為に微力ながらお役に立ちたいと思います。プロホルの輪(SNS)でカウント中です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!