デジタルテレビの成長が限定受信技術への需要を促進する

株式会社データリソース 2007年02月09日

米国調査会社インスタットは、世界中で起こっているデジタルテレビサービスの力強い成長が、限定受信製品と技術の需要を後押ししていて、2006年末時点で、デジタルテレビサービスの普及世帯数は1億7500万以上だったという調査結果を発表した。

世界中で起こっているデジタルテレビサービスの力強い成長が、限定受信(CA:Conditional Access)製品と技術の需要を後押ししていると米国調査会社インスタット社は報告する。2006年末時点で、デジタルテレビサービスの普及世帯数は1億7500万以上だったと同社は述べている。デジタルテレビ加入世帯の成長は確かに有料テレビサービスプロバイダにとって朗報だが、一方で重要な課題も引き起こしている。それは、大切なビデオコンテンツを著作権侵害や違法な利用から如何に保護するかという問題である。

「この問題に対する最も一般的な解決方法は、限定受信技術の活用である。限定受信技術は、視聴者がビデオコンテンツにアクセスする際に、ある基準を満たしているかどうかを確認するよう指定することで、コンテンツを保護するものである」とインスタット社のアナリストMike Paxton氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 限定受信製品の収益は、2006年末に9億3700万ドルに達するだろう
■ NDS Group plc(News Corporationの子会社)は、世界トップの限定受信ベンダで、現在、世界市場の35%を占めている
■ 数多くの限定受信技術の新会社にとって、Telco TVとIPTVという新しい市場セグメントは、主要な実験場になっている
■ 世界の有料テレビ産業における限定受信による収益は、2010年に15億ドルに達するだろう


インスタット社の調査レポート「有料TV市場における限定受信:世界市場の収益とベンダ分析 - In-Depth Analysis: Conditional Access in Pay-TV Markets」は、有料テレビサービス産業における限定受信製品と技術を調査している。調査レポートは、なぜ有料テレビ市場で限定受信が必要とされるのか、どのように機能するのか、現在の基本的なビジネスモデルはどのようなものか、について詳述している。主要な限定受信製品ベンダのプロフィールと、ベンダ市場シェア、2007年の限定受信市場を形成する主要な動向、2010年までの世界の有料テレビ限定受信製品による収益予測を掲載している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
有料TV市場における限定受信:世界市場の収益とベンダ分析
In-Depth Analysis: Conditional Access in Pay-TV Markets
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR