株式会社ディマージシェア、株式会社オプトに対し第三者割当増資を実施

株式会社ディマージシェア 2007年04月27日

株式会社ディマージシェア( (リンク ») )(本社:東京都千代田区、
代表取締役社長:大内 慎)は、株式会社オプト(本社:東京都千代田区、
代表取締役社長:鉢嶺 登)からの出資を受け入れ、更なる事業拡大を図ります。

ディマージシェアは、「Comgrove(Technical Methodology)」を武器に、
Business Foundation Supplier として次世代Webシステムから、モバイル、
エンタープライズシステムといった幅広い業種・分野において先進の技術と
サービスを提供しております。

本資本提携により、ディマージシェアの「Comgrove」を利用し、eマーケティング
カンパニーのオプトを技術面でより一層サポートしてまいります。

用語解説

「Comgrove(Technical Methodology)」
当社独自の共通開発方法論。
独自の共通の開発手法及び、汎用的なプラットフォームモジュール群を
組合せることで短期間に信頼性・可用性・拡張性を備えたシステムの構築が
可能となる。言語は Java、Perl、PHPをサポート。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ディマージシェアの関連情報

株式会社ディマージシェア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!