クチコミ情報を見ながら温泉宿やホテルを探すサービス 『宿 Linkster』サービス開始のお知らせ

クジラ株式会社 2007年05月15日

クジラ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川辺匡、以下「クジラ」)は、2007年5月14日より、クチコミ情報を見ながら温泉宿やホテルを探すサービス『宿 Linkster』を開始いたしました。『宿 Linkster』では、全国約15,000件の温泉宿やホテルのクチコミ情報を見ながら宿泊したい宿を探すことができます。
温泉宿: (リンク »)
ホテル: (リンク »)


【このサービスの特長】
旅先の宿泊施設を決めるとき、宿やホテルからのダイレクトな情報も大切な情報源ですが、
やはり実際にそこに宿泊された人のクチコミ情報がなによりの判断材料です。『Linkster』ではブログに書き込まれている『温泉宿やホテルのクチコミ情報』と『温泉宿やホテルの詳細情報』を同時に表示します。これによりユーザは温泉宿やホテルから提供される情報だけではなく、実際に宿泊した方の話を参考にして、より自分にマッチした温泉宿やホテルを探すことができるようになります。
また、クジラが運営する地図サイト『mappa』へのリンクを用意していますので、閲覧中の温泉宿やホテルの周辺情報を地図で確認することができます。


【今後の展開】
『Linkster』では今後、ファッションやブランドに関する情報などのクチコミ情報も検索できるサービスをご提供していく予定です。ご期待ください。
リリース情報はクジラ公式サイトトップページより配信している
RSS( (リンク ») )にて随時お知らせいたします。


【Linskterについて】
Linksterは、2007年4月12日よりスタートした日本語ブログ専用の検索エンジンです。インターネット上に公開されているブログを対象に記事の収集を行い、日記や個人的な感想などの情報を発見しやすくする事を目的としています。現在、国内の主要ブログサービスから一日約35万件の記事を収集しています。
(リンク »)


【mappaについて】
『mappa』は、2007年3月22日より、ユーザの嗜好に合わせて表示する情報や紹介するサイトを最適化する地図検索サービスとしてリリースされました。現在は、地図情報のほかに郵便番号・グルメ情報・地域に関連する画像・地域に関連する動画・地域関連するサイト・地価情報・公共施設情報などを探すことができます。
またサイト開設後1ヶ月で、1日あたりのユニークユーザ数が10,000人を突破いたしました。2007年中には1日あたりのユニークユーザ数100,000人を目標に有用なコンテンツの拡充を進めて参ります。


クジラ株式会社 (Cuzira Inc.)
本社所在地:〒112-0014 東京都文京区関口1-13-12 武田ビル6階
TEL:03-5577-4415    FAX:03-5577-4416

[設立]
2007年1月
[資本金]
2,000万円
[URL]
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
[事業内容]
・ インターネットメディアの企画、開発、運営
・ インターネットシステムの企画、開発、運営
・ インターネット広告の販売、マーケティング、プロモーション、コンサルティング
[クジラ株式会社について]
メディア事業、レコメンディング事業、検索事業を柱とし、2007年1月に設立いたしました。
2007年3月ユーザの嗜好に合わせて表示する情報や紹介するサイトを最適化する究極の地図検索サービス「mappa」( (リンク ») )、2007年4月にはブログ検索サイト「Linkster」( (リンク ») )をリリースしました。今後も、ユーザをより良い情報へ誘導するメディアの開発に力を入れてまいりたいと思います。
[お問合せ先]
TEL:03-5577-4415
サーチエンジン事業開発室 田村(タムラ)
Email:czr-service@cuzira.co.jp


記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

宿 Linkster

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クジラ株式会社の関連情報

クジラ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!