Linux PC専門ブランド「LinuxMania(リナックスマニア)」新モデル販売開始 『LinuxMania 淡路坂モデル』

株式会社ソーソー 2007年06月01日

株式会社ソーソー(東京都新宿区 代表 下野友哉)は、同社運営の Linux PC専門ブランド「LinuxMania(リナックスマニア)」において新モデルを発表しました。 その名も『LinuxMania 淡路坂モデル』です。

本製品は、CentOS 5搭載モデルとなっており、
既存のFedora Core 6搭載「LinuxMania 夏目坂モデル」に続いての新モデルです。

Intel Core 2 Duo, メモリ1GB搭載, ハードディスク250GB, スーパーマルチメディアドライブの構成に、

・OpenOffice,
・Java,
・Adobe Reader,
・Adobe Flash Player,
・Eclispe,
・Google Toolbar for Firefox,
・Thunderbird

などのソフト(日本語環境対応)を備えており、
届いたその日からCentOS 5によるLinuxデスクトップを楽しめます。


また、製品保証 3年、初期周辺ハードウェア相性保証、電話オペレーションサポートを提供し、
安心してLinuxライフをスタートさせることが出来ます。

「最高級」のハードスペックに「最先端」のLinux OSをプリインストールし「最大級」の安心を提供する。
LinuxManiaコンセプトは『LinuxMania 淡路坂モデル』でも生きています。


LinuxManiaホームページ
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

『LinuxMania 淡路坂モデル』

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ソーソーの関連情報

株式会社ソーソー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!