編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アクシイズ、自社開発LPOの新ソリューションとして「CONDUCTOR LCO Plus 」をリリース

株式会社アクシイズ

2007-07-04 18:00

株式会社アクシイズ(本社:東京都港区、代表取締役CEO 海野 雄史、以下アクシイズ)は、自社開発LPO(ランディングページ最適化)ソリューション「CONDUCTOR LCO(Landing Contents Optimization)」(http://lpo.axyz.co.jp/lpo.html)をベースとした新たなソリューションとして「CONDUCTOR LCO Plus」をリリースした事を発表いたします。
「CONDUCTOR LCO Plus」は、セキュリティーポリシー上、通常のASPサービスの利用が困難なクライアント向けのサービスとなっており、セキュアページへの配信機能、管理画面のセキュア対応、管理画面へのIPによるアクセス制限、コンテンツ配信サーバーのドメイン名変更、要求レベルに応じたハードウェア環境の再構築などの選択型メニューとなっております。

アクシイズでは2006年リリースの自社開発コンテンツ配信エンジン「CONDUCTOR」を利用し広告配信システム「CONDUCTOR AD」、ランディングページ最適化システム「CONDUCTOR LCO」により多くの実績を重ねて参りました。
昨今、コンプライアンス対応の側面からもシステムへの要求レベルが非常に高くなっておりますがアクシイズでは特に広告配信システム運用において積み重ねてきた大規模配信でのノウハウを生かす形で上記ソリューションを提供し、これまでセキュリティー面がネックとなり導入が進まなかった金融系企業や大手製造業での導入を推進して参ります。

  以上  
●株式会社アクシイズ
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-7-2 ウインズビル5F
資本金:142,500千円
事業内容:
・「CONDUCTOR LCO」を中心とするランディングページ最適化システムの開発・販売  
・「CONDUCTOR AD 」を中心とする広告配信システムの開発・販売
・Webサイト制作/ランディングページ制作等、各種サイト制作業務全般
取得特許:特許第3616022号


≪お問い合わせ先≫
株式会社アクシイズ 担当:小山  
Tel:03-6415-6123 
e-mail:info@axyz.co.jp
URL : (リンク »)

用語解説

(注*) LPO(Landing Page Optimization):ランディングページ最適化の略。あるサイトを訪れた人が一番最初に閲覧するページ(ランディングページ)を最適化することで目的のページ(コンテンツ)への到達を図りやすくする事。一般的に検索エンジン経由での来訪者の約40%は、ランディングページを訪れた直後に離脱してしまうと言われており、ランディングページの作り方がコンバージョンアップの鍵と考えられております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]