携帯電話の動画コンテンツは年代問わず音楽がトップ

株式会社日経リサーチ 2007年07月03日

今回、携帯電話の動画コンテンツ利用を調べたところ、年代を問わず音楽(着ムービーを含む)が一番ダウンロードされていることがわかった。 また、携帯電話の動画コンテンツ利用を年代別に比較したところ、動画コンテンツは若年層がメインユーザーであることがわかった。

■コアユーザーは10代・20代
2007年5月に行ったアンケートによると、携帯電話ユーザーのうち、携帯動画コンテンツを「視聴・ダウンロードすることがある」と回答したのは12.1%と限定的であることがわかった。世代別に携帯動画コンテンツ利用率を見ると、10-20代が21.3%と最も多く、逆に、利用者の40代は7.9%、50-60代では4.4%と極端に低い。携帯電話の動画コンテンツ利用は若年層がコアユーザーであることがわかる。

■利用ジャンルは年代問わず音楽がトップ
ユーザーが利用しているジャンルを見ると、「音楽(着ムービーを含む)」を利用する割合が60.7%と、突出して高い。次いで「ニュース・報道(スポーツニュースを除く)」(20.4%)、そして「趣味・エンターテイメント」(13.6%)が続く。
年代ごとに見ると、トップの「音楽(着ムービーを含む)」は40代以下では6割以上が利用しているが、50-60代では29.5%と他の世代に比べて半数以下の利用だった。
2位の「ニュース・報道(スポーツニュースを除く)」は、各年代とも音楽に次いで高いが、特に50-60代が29.5%と「音楽(着ムービーを含む)」と同じ割合で、他の世代よりもやや高め。また、シニア世代は交通案内の利用も高めだった。


【調査概要】
調査対象:16-69歳の男女
サンプリングソース:日経リサーチ アクセスパネル
調査日時:2007年5月17日~5月22日
有効回収数:5,324人
調査主体:(株)日経リサーチ

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日経リサーチの関連情報

株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!