「女性の半数がブログを参考に商品購入」

株式会社日経リサーチ 2007年07月26日

~日経リサーチ クロス・メディアリサーチの結果より~ 今回、ブログを参考とした購買経験を質問したところ、女性の半数が購買経験者であることが明らかになった。また、商品ジャンルによって参考にするブログの種類が異なること、影響を受けるタイミングは、趣味・嗜好品が購入の前段階、電気製品は購入の最終段階に多いことがわかった。

■女性の半数はブログを参考とした購買経験あり
 ブログ自体の認知は全体の76.2%。さらにブログ認知者に対して、ブログを参考とした製品・サービスの購買経験を聞いたところ、男性の32.4%、女性の47.1%が何らかの影響を受けていることが明らかになった。特に40代までの女性は半数程度がブログからの影響を受けた経験を持っている。

■趣味・嗜好品は「芸能人・著名人のブログ」から情報収集
 購買行動に影響した商品ジャンルは、「書籍」(35.1%)、「食品」(26.9%)、「家電製品」(23.1%)の順にスコアが高い。また、購買行動に影響を受けたブログとして、「製品・サービスの検索時にヒットしたブログ」(45.3%)、「普段から閲覧しているブログ」(30.5%)、「友人・知人のブログ」(28.2%)の順に回答が多くあがった。
また、購買に影響を受けた商品ジャンル別に、参考にしたブログの種類を見ると、「書籍」「食品」「CD・DVD」「化粧品」「衣料・アクセサリー」などの趣味・嗜好品は「芸能人・著名人のブログ」、「家電製品」「パソコン・周辺機器」「カメラ・ビデオ」などの電気製品は「製品・サービスを検索時にヒットしたブログ」など、ジャンルによって情報源となるブログは異なることがわかる。

■趣味・嗜好品は購入の前段階、電気製品は購入の最終段階での影響力大
 影響力が強い商品ジャンル上位6種(「影響を受けた」割合が20%以上)を対象に、どのタイミングでブログから影響を受けたかを見ると、「存在を知った」「興味を持った」という購入の前段階のスコアが相対的に高いことが判明した。特に「化粧品」「書籍」「CD・DVD」「食品」では購入の前段階での影響力が強い。逆に、「家電製品」「パソコン・周辺機器」は、「どこのお店で買うかを決める参考にした」という購入の最終段階のスコアが高かった。また、「パソコン・周辺機器」は購入後の使い方に関してもブログが活用されている。

■調査概要
調査対象:16-69歳の男女
サンプリングソース:日経リサーチ・アクセス・パネル
調査日時:2007年6月14日~6月19日
有効回収数:5,079人
調査主体:㈱日経リサーチ

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日経リサーチの関連情報

株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!