ディスキーパー社、「DISKEEPER 2007」中国語版を発売

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2007年08月04日

米・カリフォルニア州バーバンク発―(ビジネスワイヤ)―2007年7月31日―ディスキーパー社(Diskeeper Corporation)は本日、画期的な「Diskeeper(ディスキーパー)2007」の中国語繁体字版・簡体字版を発売したと発表しました。これはデフラグ・ソフト大手初の中国語版リリースであり、同社の国際的拡大計画に向けた大きな一歩となります。


ディスキーパー社が最近提携した海外の企業5社のうちの1社、ユートロン・テック社(Yutron Tech)のマネージング・ディレクター、ヘンリー・ユイ氏は次のように述べています。「ディスキーパー社は、システム性能と信頼性を向上させる卓越した機能を備えています。私は長年にわたりディスキーパー製品を愛用してきました。当社が香港でディスキーパー社の代理業務を担い、同社のプレゼンス拡大の一助となることができ、光栄に思っております。」


ExpElite社長のシェルドン・シェー氏は次のように語りました。「ディスキーパーは優れた性能を備えた、他にはない独自の製品です。台湾企業全体で、断片化が起こす問題点やディスキーパーのソリューションに対する認識がまだ低いため、台湾には巨大な市場が控えていると言えます。ExpElite社は、このソリューションの一翼を担う機会に恵まれ、非常に喜んでおります。」


「InvisiTasking(TM)」機能を備えた「Diskeeper 2007」は、受賞歴のあるデフラグ・ツールの最新版です。「InvisiTasking」は、システムの保守タスクをバックグラウンドで意識させずに実行する技術です。「InvisiTasking」は、システム性能に影響を与えたり、システム要求を阻害することなく、随時断片化を解消します。


「Diskeeper 2007」を導入する利点には、起動やロード時間の迅速化、ウィルス・スキャンやバックアップの高速化、Officeアプリケーション(ワード、エクセル、アウトルック)の高速アクセス、PC寿命の2-3年延長などがあります。


「Diskeeper 2007」中国語版は現在販売中です。ご希望の再販業者を通じて購入できます。「Diskeeper 2007」の詳細は、同社ウェブサイト (リンク ») をご覧下さい。


「性能と信頼性向上技術を革新者(TM)」のディスキーパー社について


ラップトップ、デスクトップ、サーバーなどの性能と信頼性を飛躍的に高めるディスキーパー・ソフトウエアは、一般家庭のユーザーから大企業に至るまで幅広いユーザー層を獲得し、ライセンス販売数は2500万本を超えます。ディスキーパー社はさらに「Undelete(R)」で、データ保護、瞬時ファイル回復の最新機能を提供しています。


(C)2007ディスキーパー社。無断複写・転載を禁じます。「Diskeeper」、「I-FAAST」、「Terabyte Volume Engine」、「InvisiTasking」は、ディスキーパー社が所有する商標または登録商標です。その他すべての商標は、個々の商標権者に帰属します。


CONTACT: International Media Contact:
Diskeeper Corporation
Teal Thompson, 818-771-1600 ext. 1736
tthompson@diskeeper.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?