fonfunとワークポート、在日韓国人向けの転職支援サービスを開始 ― 業界最大規模の韓国人ITエンジニア向け求人サイト『IT in Japan Job』を開設 ―

株式会社ワークポート 2007年09月10日

株式会社fonfun(フォンファン)と、株式会社ワークポートは、日本在住の韓国人ITエンジニアの人材紹介サービス(以下「韓国人IT人材ビジネス」)を共同展開することに合意いたしました。 また、本日(9月10日)より、日本在住の韓国人ITエンジニア向けに、日本のIT関連の求人情報を提供する韓国語サイト『IT in Japan Job』(http://itinjob.jp)を開設します。

■『IT in Japan Job』( (リンク ») )について

韓国語において「IT in(アイティイン) (※1)」は「IT人」の意味であり、韓国語では広い意味でIT業種に携わっている人々の通称として使われる言葉です。『IT in Japan Job』は、日本国内のIT関連企業の求人情報を日本在住の韓国人ITエンジニア向けに紹介する韓国語サイトです。IT業界に特化した総合人材サービス企業のワークポートが常時保有する8000件以上の求人の中から、外国人応募が可能な求人案件をピックアップして掲載します。韓国人技術者をターゲットとした求人情報サイトとしては業界最大規模となります。

■本サービスの特長

韓国語を母国語とし、日本のIT業界での職務経験を持つ専属の転職コンサルタントが、求人紹介以外にも、日本での在留資格の相談、生活面でのアドバイスなど、安心して韓国人ITエンジニアが転職できるようサポートいたします。

■韓国人材ビジネス参入の背景

韓国人ITエンジニアは、日本と類似した文化を持っていることから、日本企業にも比較的なじみやすいという特長があります。さらに、高い日本語能力を持つ韓国人ITエンジニアは、即戦力としての活躍が期待され、日本企業からのニーズは年々増加しています。
また、現在日本国内に在住する韓国・朝鮮国籍の登録者は、日本在住の外国人割合では最も多くなっている(※2)にもかかわらず、韓国人をターゲットとした求人情報サイトはほとんどないのが現状です。
先般、fonfunとワークポートは、共同で中国語求人サイト『51Japan IT Work』( (リンク ») )を開設し中国人ITエンジニアの転職支援サービスを行っておりますが、日本在住の中国人ITエンジニアの方々に好評を頂いており、順調にサービスを拡大しているため、この度、韓国人ITエンジニア向けに同様のサービスを提供し、さらなる事業の拡大を目指します。

■今後の予定

当面は、韓国人ITエンジニアの人材紹介サービス、中国人ITエンジニア人材派遣・人材紹介サービスにおいて着実に実績をつくることに注力して参りますが、将来的には日本語や技術などの教育サービスも手掛けることで、より他社との差別化を図っていく予定です。

※1 公式なサイト名において、「in(イン)」はハングル表記としております。
※2 平成19年5月に入国管理局が発表した平成18年度の外国人登録者数は208万4,919人、国籍別の内訳で韓国・朝鮮国籍の登録者は59万8,219人で、日本在住の外国人全体の28.7%を占め、1位となっています。(法務省平成19年5月発表「平成18年末現在における外国人登録者統計について」及び「平成18年における外国人入国者及び日本人出国者の概況について」)

━━ 株式会社fonfun 会社概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
所在地: 東京都渋谷区初台一丁目46番3号
代表者: 代表取締役社長 三浦浩之
URL:  (リンク »)

━━ 株式会社ワークポート 会社概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
所在地: 東京都品川区北品川五丁目4番14号
代表者: 代表取締役社長 田村高広
URL:  (リンク »)

━━ 本プレスリリースに関する報道関係者からのお問い合わせ ━━━━━━━━━━━
株式会社fonfun
新規事業室:山本(広報担当)、水野
TEL:03-5350-7800
Email:pr@fonfun.co.jp

株式会社ワークポート
人材紹介事業部:河合
TEL:03-5795-1115
Email:press@workport.jp

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワークポートの関連情報

株式会社ワークポート

株式会社ワークポートの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!